松毛川の治水機能の役割(令和元年9月10日)

 一昨日の台風において、松毛川(灰塚川)の治水機能の役割がよく理解できます。あのような洪水に川が貯水池としての役割を果たし、松毛川湛水防除機場に設置された排水ポンプによる強制排除とともに、御園・長伏地区を洪水被害から守っています。

 

 グラウンドワーク三島は地域住民と連携し、放置され、荒れ果てた河畔林による「自然堤防」を竹伐採と植林活動により保全してきました。この自然堤防が、水田や住宅地を松毛川を越流する洪水から守っているのです。

 

 何のために森づくりをしているのか理解できない人もいたと思いますが、まさに、先を予見して、地域防災と治水対策の観点から「松毛川千年の森づくり」を、12年にわたり進めてきたのです。この非常時に始めて、本会の活動の目的と狙いが地域住民に納得されたのではないかと感じています。

 

 地球規模異常気象の影響により、今後とも、集中豪雨や未曾有の台風が、三島市や沼津市を襲う危険性があります。さらに、松毛川に堆積している土砂を浚渫・排除する対策が必要とされています。英国・バーミンガムからの報告です。出発します。

 

2019/9/10 18:49 ( メイン )
カテゴリ内ページ移動 ( 75  件):   前  1  2  3  4  5  6  7  .. 75    
コメント一覧
GNavi   (based on MyAlbum-P)

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント