松毛川右岸の竹林伐採(2012年)

松毛川右岸の植樹活動(2012年)

境川・清住緑地の全景 

境川・清住緑地での魚探し 

境川・清住緑地ワンデイチャレンジ...

境川・清住緑地での田植え 

境川・清住緑地での稲刈り 

境川・清住緑地での定例作業(草刈り...

松毛川ワンデイチャレンジ(清掃活...

松毛川右岸の竹林伐採(2012年)

「能登半島地震」支援活動へのご協力のお願い

 

 2024年1月1日(月)午後4時10分、石川県志賀町で震度7の甚大な地震が発生しました。静岡県内はもちろんのこと、北海道から九州にかけ広い範囲で揺れを観測するとともに、津波被害も沿岸部で発生して住宅被害が出ました。石川県は2月14日午後2時時点、死者は241人、安否不明者11人と公表しています。現在も余震が多発し、被災者の方々の心と体への影響は計り知れません。

 

 そこで、グラウンドワーク三島では被災児童・親子の「心のケア」を支援するために、東日本大震災の被災者2,400人の招待実績を踏まえ、今回、「子どもを元気に富士山プロジェクト」を立ち上げます。

 

 事業内容としては、能登半島地域の被災者の方々で被災され心と体のケアが必要とされている児童や親子を、三島や富士山、伊豆に招待する「心を元気にするショートツアー」を実施します。 

 具体的には「水の都・三島を楽しむエコツアー」や「富士山に登って元気になろうツアー」「スポーツ交流で汗を流すツアー」、被災地に悪臭がしない「バイオトイレ」を搬入・設置等を実施していきます。

 

 つきましては、今後、この活動を実現し、永続させていくためには、安定的な資金確保が必要不可欠です。多くの方々の「募金活動」へのご協力・ご支援を、是非とも、お願いいたします。
 

 

【募金の受付方法】下記にお振込・ご持参ください。※振込手数料はご負担をお願いします。

 ①お振込

  三島信用金庫・本店営業部 普通口座1242599

  口座名義:特定非営利活動法人グラウンドワーク三島 理事 小松 幸子(ユキコ)

 ②ご持参

  グラウンドワーク三島事務局まで(平日9時~18時)

 

 「募金箱」を設置していただける方を募集してます。安定的・持続的な支援活動を支えるためには資金確保が必要不可欠です。

 お店や事務所に募金箱を設置していただける方はグラウンドワーク三島事務局(055-983-0136、info@gwmishima.jp)までご連絡ください。

 

 

関連新聞記事

  • 2024年2月27日伊豆日日新聞(能登半島被災地調査報告会)
  • 2024年2月14日北國新聞(子どもを元気に富士山プロジェクト)
  • 2024年1月21日毎日新聞(能登半島地震支援活動・街頭募金活動開始)
  • 2024年1月18日伊豆日日新聞(能登半島地震支援活動・街頭募金開始)
  • 2024年1月17日静岡新聞(能登半島地震支援活動・街頭募金開始)

 

 本支援活動にお力を貸していただける「サポーター」も同時に募集いたします。

 サポーターにお願いしたい仕事の内容としては、
  ①各種支援活動業務の補助
  ②街頭募金活動
  ③三島・伊豆地域内の空き家等、被災者受け入れ住居の情報収集・調整
  ④「心を元気にするショートツアー」に関わる調整業務
  ⑤現地や関係機関との連絡調整・情報収集業務
  ⑥支援提供物資の収集・整理・配送作業、   などです。

 希望者の方は、グラウンドワーク三島事務局(055-983-0136、info@gwmishima.jp)にお問い合わせください。

 

 

2月の各実践地での活動

 

  2024年2月29日(木)午前10時からの「三島梅花藻の里」定例整備作業に行ってきました。山桜が満開となり、本日、水温む暖かい日和でした。

 今回は、隣接する源兵衛川中流部にある「水の苑緑地」内を流れるせせらぎの清掃も実施しました。市民から落葉が溜まり、土が滞積し汚い、悪臭がするので、綺麗にしてほしいとの苦情が、三島市にあり、その状況を踏まえ、生態系の保全に詳しい本会が掃除することになりました。

 水中の落葉は、川虫などの貴重な餌なので排除せず岸辺に寄せます、黒い堆積土は洗い流し、川底は削り、川筋を造り、水の流れをよくします。三島市は、市民からの苦情があれば、これらの落葉や滞積土をすべて排除してました。生き物たちとの共生関係を前提とした維持管理ができていなかったのです。

 今回の協働の関係を切っ掛けとして、生態学に基づいた水辺の維持管理を、三島市との信頼関係・役割分担・情報共有を前提として進めていきます。今年もホタルの乱舞が期待できそうです、お楽しみに!

 

 

 

 

 

 


 

  2024年2月27日(火)の伊豆日日新聞に「能登町・珠洲市等被災現場調査報告会」の記事が掲載されました。3月23日から25日までの第1回「心を元気にショートツアー」の参加者も増え始めています。

 今度は能登町と珠洲市の避難所や関係者の皆様に直接お会いして、募集チラシを配り、三島・伊豆の魅力と楽しさを伝えてきます。汚れた源兵衛川の再生へのノウハウと情熱は、壊れた街の復興のヒントになることも説明していきます。3月2日夜中三島を立ち、3月5日に帰ってきます。またまた往復約1400kmの旅になりるので慎重な運転を心がけます。

 

 


 

  2024年2月20日(火)午後6時半から三島商工会議所会議室で能登半島地震「能登町・珠洲市等被災現場調査報告会」を開催しました。NPO・まちづくりの視点から私が、福祉・心のケアの視点から河合孝彦さんが、市議会議員の視点から本間雄次郎さんからの報告がありました。

 総じて、災害発生を前提とした日頃からの多様な観点からの事前対策・トレーニング、災害マネジメント、コーディネーターの人材育成、地元を離れない対策、地域コミュニティーの強化などの重要性・必要性が提言されました。私のプレゼン資料を添付しますので、悲惨な現場状況を見てください。

 新たなまちづくりへの取り組み・生活生業の再建など課題が山積みであり、地形や高齢化などの社会条件が類似の伊豆半島地域も他人事ではありません。さらに被災地に行き、再生・復興へのサポートを続けます。

 

当日のプレゼン資料

 

 

 

 


 

  2024年2月18日(日)長野県飯田市で講演「右手にスコップ・左手に缶ビールで元気なまちを創る!」しました。終了後、公民館職員さんたちとの楽しい夜の交流会を催していただき、2次会のスナックのママさんを含めて、濃い時間を共有できました。コロナ前は年間数十回の講演会を依頼され、全国各地を飛び回り、人々が社会性・公益性の問題意識を持てば、地域を自分事に変えられることを講演してきました。

 今後、地域運動の全国的な先進地である飯田市において、グラウンドワーク三島のノウハウを活用した地域ビジネスの発想に基づいた、主体的・自立的な取り組みが始まる必要性を提案させていただきました。

 とにかく飯田市は「焼肉の街」です、馬肉を含めて絶品をご賞味ください。人口当たりの焼肉屋の数が日本一だそうです。久しぶりに違う空間で多様な意識をお持ちの方々とお話ができて私も刺激を受けました。さあ全国各地に呼ばれれば講演に行きますよ。

 

 

 

 

⇒過去の活動報告は「事務局長のつぶやき」に掲載しています。

 


 

環境再生活動への寄付・募金のお願い

 

 グラウンドワーク三島の活動が始まり、30年が経過しました。汚れた源兵衛川の水辺再生や消滅した三島梅花藻の復活、ほたる飛び交う川づくり、松毛川千年の森づくりでの河畔林の保全、境川清住緑地での自然度の高い川と湧水公園づくり、歴史的井戸や水神さんの保護、学校ビオトープの建設、大場里山再生など、現在までに70箇所以上のプロジェクトを実現して、三島の元気なまちづくりの発展に大いに貢献してきました。

 

 今後とも「右手にスコップ・左手に缶ビール」「議論よりアクション」を合言葉に、長期的視点に立った戦略的で地道な市民運動に挑戦していきます。そのためには、安定的な「資金確保」が必要不可欠です。皆様からの「寄付」や「募金」による、ご支援・ご協力をお願い申し上げます。

 

【寄付・募金の方法】下記にお振込・ご持参ください。※振込手数料はご負担をお願いします。

①お振込

三島信用金庫・本店営業部 普通口座1231930 口座名義:トクヒ)グラウンドワークミシマ(特定非営利活動法人グラウンドワーク三島 理事 小松幸子)

②ご持参

グラウンドワーク三島事務局まで(平日9時~18時)

 

 ⇒募金チラシ

 

グラウンドワーク三島「インターンシップ生」募集中!

 

 特定非営利活動法人グラウンドワーク三島は、静岡県三島市の水辺自然環境の再生と改善を目的として、1992年に活動を開始し、今年で31年目になります。現在までに、汚れていた源兵衛川の水辺再生、消滅した三島梅花藻の復活、荒れ果てた松毛川の河畔林を保全する森づくり、学校ビオトープの建設など、先進的・実践的なNPO活動を展開してきました。活動の領域は、地域単位にとどまらず、富士山周辺や、イギリス、アメリカ、ニュージーランド、台湾、韓国、ネパールなど、世界に広がっています。


 今回、グラウンドワーク三島では、実習フィールドを提供することによって、地域の環境改善や国際環境交流に関心をもつ若者や大学生、シニア層の皆様が、市民・NPO・企業・行政のパートナーシップによる取り組みに関する理解を深め、NPOの基礎知識や実践的なマネジメント能力、現場での調整力・合意形成力・課題解決力などを身につけることを目的として「インターンシップ生」を募集します。

 

 詳細・応募方法等につきましては、下記募集チラシをご参照ください。

 

 ⇒募集チラシ

 

 

グラウンドワーク三島職員募集中!

 

 グラウンドワーク三島は、静岡県三島市に拠点を置く環境NPOであり、1992年より31年間にわたり、先進的な環境改善活動に取り組んできました。

 

 合言葉は「議論よりアクション」「右手にスコップ・左手に缶ビール」です。

 

 現在、水辺再生から始まった活動は、環境再生から地域再生、そして、農業再生、NPOビジネスへと拡大し、イギリスやネパール、台湾、韓国、アメリカ等との国際的な環境事業・支援事業・交流事業などへと拡大しています。

 

 また、グラウンドワーク三島の多様な実践現場を教材として活用し、NPO・社会的企業を支える人材教育や起業家育成の事業にも取り組んでいます。実践地は70箇所以上にも広がり、汚れていた源兵衛川をホタルが乱舞する水辺に再生、貴重な河畔林が広がる松毛川での千年の森づくり、子どもたちへの環境教育、被災地支援、富士山での湧水池保全、耕作放棄地を活用した農業事業など、NPOの発展的・社会的な役割に挑戦しています。

 

 今回、SDGs対応の新規事業であるバイオトイレやネパールでの環境対策事業、現場力・実践力を学ぶ体験型まちづくり講座の開講、耕作放棄地を活用した農業事業等に取り組むための「職員募集」を行うことにしました。副業での就業も歓迎です。

 

 日本のNPOの新たな可能性・発展性に飽くなき挑戦を続けている本会で働きながら、自分自身の能力の可能性と潜在力を研鑽・発見し、さらなる「スキルアップ・キャリアアップ」を図りませんか。皆様のご応募を、お待ちしております。
 

 詳細は職員募集要項をご確認ください。

 

 ⇒職員募集要項

 

6/18「30周年記念意見交換会」を開催

 

 2022年6月18日(土)、三島市民文化会館・大会議室にて開催された「30周年記念意見交換会(主催:GW三島)」より、グラウンドワーク三島専務理事・渡辺豊博による講義「グラウンドワーク三島が成した30年の活動成果と今後のアプローチとは」と当日のプレゼン資料、グラウンドワーク三島の活動紹介ビデオ「右手にスコップ、左手に缶ビール!」を掲載いたします。

 

 

当日のプレゼン資料

 

 

ジャンボ渡辺の思い

 

三島駅南口東街区再開発・地下水への懸念点

 

 「グラウンドワーク三島」として何故、今まで、三島駅南口東街区再開発事業を問題視してきたかの理由を説明します。本事業により高層マンションが建設される市営駐車場の直下には、富士山からの地下水本流が流れており、大規模な基礎掘削により、地下水に悪影響を与えることを懸念しているためです。

 

 「水の都・三島」の宝物は豊かな地下水です。大規模に溶岩層を掘れば、下流直近にある「菰池・鏡池・白滝公園水源地・浅間神社神池・桜川・源兵衛川・御殿川・三島梅花藻の里湧水地・雷井戸・境川清住緑地大湧水地」などに環境被害を及ぼします。

 

 市長が説明する地下水調査をしているから大丈夫だは信じられません。水が汚れ、消えれば、ホタルや三島バイカモは死滅します。せせらぎの街の際立った魅力は消滅します。「三島の未来」発展の資源を失ってしまうのです。

 

 たった300戸のマンションを建設するために、三島の価値を壊してしまうリスクを何故、今、担わなければならないのでしょうか。豊岡武士三島市長は私が知る限り、この30年間で源兵衛川の川掃除でお会いしたことはありません。雨の日も寒い日も川掃除を何十年も続けてきましたが、お会いしていません。

 

 本当の水辺自然環境の微妙なバランスを実感されておらず、生き物たちの目線から発想が乖離しているのではありませんか。三島の水と緑を愛していれば、地下を乱暴に掘削する暴挙、自然・環境破壊の行為である高層マンション建設は推進しません。

 

 今こそ、本事業を立ち止まらせ、見直しさせるためには、駅前開発推進の方を排除するしか方法がありません。今回の選挙、生き物たちの命と安全な生息環境の保全がかかっています。良識あるご判断を三島市民に期待します。

 

 

 

 

 

 

 

「水の都・三島」の地下水と環境が壊されてしまう危機

 

 グラウンドワーク三島として、なぜ三島駅南口東街区市街地再開発事業「中止」の市民運動を展開・推進してきているのか、「水の都・三島」の地下水と環境が壊されてしまう危機として、その懸念と危機感をまとめてみました。やや長文ですが、是非ともお読みください。

 この問題を「他人事」にしておけば、間違いなく三島は壊され、命の水・地下水が毀損されます。次の市政を誰に託すのか、東街区をどうするのか、夢ある三島の将来が、その選択で決まってしまいます。今後とも「中止」のための市民運動をさらに強化・推進していきます。愛郷心がその原動力です。

 

 

関連資料

 

test

三島駅南口東街区再開発事業

高層層ビルの完成予想図

 

清流がよみがえった源兵衛川

 

このどちらのまちづくりが、「水の都・三島」にふさわしいと思いますか?

 

ジャンボ渡辺からのメッセージ -「議論よりアクション」のノウハウ-

 

 このコーナーでは、私が折々に書き留めた様々な思いや街づくりのノウハウ、ミスターNPOとしての戦略、若者へのメッセージなど掲載するので是非お読みください。

 

 

 

 渡辺豊博プロフィール

 渡辺豊博プロフィール(富士山関連)

 人間発見・富士と共に生きていく(日本経済新聞夕刊連載)

 渡辺豊博名刺

 「右手にスコップ・左手に缶ビール!」‐三島から発信・グラウンドワーク創造への挑戦‐(YouTube)

 

テレビ番組

  •  1998年9月14日 NHK総合 『未来派宣言』 「水の都を住民パワーで復活せよ」

      

  •  2004年2月21日 NHK総合 『地球だい好き 環境新時代』 「新たな地域づくり  グランドワーク~静岡・三島市」

      

 

 

活動スケジュール
前月2024年 3月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<今日>

渡辺豊博事務局長の思いや活動報告を日々更新しています。

三島産新銘柄米「ゆめみしま」のご購入はこちら

源兵衛川が「世界水遺産」に登録されました。

源兵衛川が「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

「2020年アジア都市景観賞」を受賞しました。

 

グラウンドワーク三島 新聞報道記事一覧へのリンクバナー

2024年2月27日「能登半島被災地調査報告会」の記事を掲載

グラウンドワーク三島のfacebookページ

 

Instagram

グラウンドワーク三島のインスタグラムページを開設しました!

 

 

イギリス&日本・自然環境回復の処方箋~グラウンドワーク~

 

A story of Genbegawa

 

2021年8月26日「三島梅花藻の里」の定例整備作業

 

2021年9月16日「桜川川端」の整備作業

 

2021年8月28日「鎧坂ミニ公園」の整備作業

 

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
営業時間

■グラウンドワーク三島事務局

 9:00~18:00(定休日:日曜・祝日)

サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント