源兵衛川中流部のミシマバイカモ群...

清流のバロメーター・ミシマバイカ...

三島梅花藻の里整備作業

源兵衛川中流部のミシマバイカモ群...

ネパール大地震支援活動 バイオトイレ設置・募金へのお願い

 

 2015年4月25日に「ネパール大地震」が発生し、貴重な世界遺産や建物の倒壊、8,700人以上の死亡者の発生など、悲劇的な報道が続いています。

 「グラウンドワーク三島」は、5月30日から6月3日の間、ネパール日本友好協会(山梨県)と合同で、ボランティアを含め計10人で支援活動を実施しました。

 30日はカトマンズ市内の被害状況調査、31日は農村地帯のヌワコット地方での米、小麦、豆など1,000人の被災者2週間分の食料を提供し、災害用バイオトイレ3基やテント20個、医療品も配りました。6月1日はパルシュタン小学校を訪問し、文房具や通学用かばんなどを120人の児童に手渡しました。また、トリブバン大学とナーヤアーヤム総合大学との人材交流を柱とした協定も締結しました。

 カトマンズ市内・王宮近くで3,000人が居住する避難所の仮設トイレは1箇所しかなく、強い悪臭が周囲に漂い、素掘りの便槽にはし尿が溜まり、目が痛くなるほどでした。このままでは、雨期に入り、し尿の垂れ流しや拡散による感染症の拡大、周辺井戸の水質汚染など、子どもたちへの肺炎や赤痢、チフスの蔓延を含め、環境被害・健康被害の重症化・深刻化の危険性を実感しました。

 そこで、今後の本会の支援活動は、8月を目途に10基の「災害用バイオトイレ」(1基100人/日処理)の設置、その後、11月を目途に3基の「常用バイオトイレ」(1基1,000人/日処理)の設置を目指し、募金・支援活動を継続いたします

 バイオトイレ設置に関わる目標募金額は1,500万円です。子どもたちの命を助けるための募金・支援活動へのご協力をお願いいたします。

 

◆今後の募金活動スケジュール

今後も継続的に街頭募金を実施致します。

日程が確定次第、ご案内致します。

 

◆募金報告(事務局受付分、平成27年8月26日9:00現在) 募金3,429,135円    

ネパール大地震支援活動 詳細ページへ

 

 

富士山の「光と影」を発信―世界文化遺産登録後の課題と今後 のあり方とは―

 

 都留文科大学で「富士山学」を開講し、富士山に関わる多様で専門的な現地情報を発信している、本法人の渡辺豊博専務理事の意見や提言を掲載します。

 富士山の厳しい現実と今後のあり方を考えるための参考資料として使用していただければ幸いです。

 意見・提言の掲載ページへ

 

三島街中カフェ(1〜3号店)にお越しください!―環境コミュニティビジネス―

 

 グラウンドワーク三島では、街中のにぎわい発信・交流拠点として、「三島街中カフェ」を

3店舗オープンしています。お気軽にお立ち寄りください!

 

三島街中カフェ(1号店)

 

ZEROGO-ME(2号店)

 

せせらぎ源兵衛(3号店)

 

・三島の新鮮なお野菜

・三島野菜を使ったお惣菜

・三島の名産品や駄菓子

 

 

・ご婦人向けのお洋服

・アクセサリー

・雑貨

 

・名物「三島コロッケ」

・パリパリの源兵衛棒

・冷た〜いスムージー

・夏季限定かき氷

・ジュース、ビールなど

     

 三島街中カフェ1〜3号店の地図・ちらし (PDFファイル)

販売アルバイトスタッフ2名募集のご案内

 

 グラウンドワーク三島は、源兵衛川再生をはじめとする三島市を中心とした環境改善活動、環境教育、人材育成や起業支援、三島街中カフェ3店運営によるNPOビジネスなど、多様な事業・活動を展開しています。

 この度、販売アルバイトスタッフ2名(短期)を募集いたします。希望により、期間の延長も可能です。

 詳しくは、人材募集のページをご覧ください。

 

活動スケジュール
予定はありません