東街区再開発事業への提案

 最近、静岡県の施設に関わる情報として①次世代県庁を東部地域に②長泉の美術館に文化局移転検討③三島市の県健康センターの存続要望などです。

 

 一方、三島市は2031年度の供用開始を目指し「新庁舎整備」を本格化しています。三島市民の念願は東海道線をまたぐ「南北自由通路」の実現です。

 

 例えば、今進めている東街区再開発事業を「中止」して、再度、事業内容を見直し、①静岡県庁分庁舎②三島市役所新庁舎③県健康センター④コロナ等感染症対策研究所④富士伊豆箱根広域観光ビジターなどを集中化させた総合施設を、東街区に建設したらと考えています。こうなれば、北口との連携・広域性が求められ当然「南北自由通路」は必要となります。

 

 静岡県が事業主体者となり、県の補助金が充当されるので、61億円もの市民負担が大幅に軽減されます。毎日3,000人近い人々が駅前に仕事で滞留し、飲食店や商店は間違いなく潤います。今の24戸の地権者は土地を利用権付きで売却すれば、新しい店舗で営業を継続ができます。民間開発ではなく、県と連携した公益性・広域性の高い公共事業となります。

 

 特定の民間企業に依存した駅前開発は全国各地で失敗・破綻し、自治体が100億円以上の負債を抱え、苦しみ後悔しています。南口駅前整備を行い、楽寿園と一体化したセントラルパーク駅も実現可能です。即、今の事業を「中止」して、県と連携した新たな再開発事業を検討していきませんか。

 

2022/1/15 16:57 ( メイン )
カテゴリ内ページ移動 ( 758  件):     1 ..  88  89  90  91  92  93  94  .. 758    
コメント一覧
GNavi   (based on MyAlbum-P)

源兵衛川が「世界水遺産」に登録されました。

源兵衛川が「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

「2020年アジア都市景観賞」を受賞しました。

 

グラウンドワーク三島 新聞報道記事一覧へのリンクバナー

2022年5月13日「三島駅南口東街区再開発・5月末までに組合設立認可判断」の記事を掲載

 

グラウンドワーク三島のfacebookページ

 

Instagram

グラウンドワーク三島のインスタグラムページを開設しました!

 

 

イギリス&日本・自然環境回復の処方箋~グラウンドワーク~

 

A story of Genbegawa

 

2021年8月26日「三島梅花藻の里」の定例整備作業

 

2021年9月16日「桜川川端」の整備作業

 

2021年8月28日「鎧坂ミニ公園」の整備作業

 

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント