8/7「三島せせらぎ水族館」がオープンします(令和元年8月3日)
 令和元年8月6日午前11時から、グラウンドワーク三島事務所内に「三島せせらぎ水族館」をオープンします。富士山から湧水が流れる清流・源兵衛川には、20種類以上もの魚類が生息しています。しかし、川に行っても、そんなに沢山の魚たちがいることを視覚的に確認・実感することは困難です。
 
 そこで、4個の大きな水槽に、三島の川で生きている、アブラハヤやホトケドジョウ、トウヨシノボリなどの特徴的で貴重な魚たちを展示します。また、「学習コーナー」も開設しますので、本会が集めた生態学に関わる専門書や文献、論文、さらに、本会が作成した源兵衛川・松毛川・御殿川・境川清住緑地・大場里山地区の「生き物観察ブック」などを読め、学べる場所も設けてあります。
 
 夏休みの宿題を抱えた子どもたちを中心に、生き物に関心のある市民も見学・学習に来てください。場所は浅間神社入口横、白滝公園正面にあります。環境インストラクターによる「水辺のガイド」「環境学習教室」「生き物標本の作り方教室」や生態学の専門家による「水辺自然勉強家」、私からの「水辺の街づくり実践塾」の開講など、本会の情報発信拠点としての役割を果たしていきたいと意気込んでいます。魚たちの泳ぎを見ていると涼しい気分になります。淡水魚だけを集めた地域固有の水族館は全国的にも稀だと思います。
 
⇒水族館の案内チラシはこちら(PDFファイルが開きます。)
 
2019/8/7 20:05 ( メイン )
カテゴリ内ページ移動 ( 76  件):     1 ..  16  17  18  19  20  21  22  .. 76    
コメント一覧
GNavi   (based on MyAlbum-P)

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント