「右手にスコップ、左手に缶ビール」が活動の原動力

 

 平成28年3月14日に開催された「第11回関西元気な地域づくり発表会」の基調講演「『右手にスコップ、左手に缶ビール』が活動の原動力」の内容を編集しました。

 

 関心のある方は、ぜひご覧ください。

 

 

 

論 点

  • ボランティア活動は自分のためにやる
  • 現場には「社会の真理と現実」がある
  • 公狂事業から公協事業へ、そして、交響事業へ
  • 区画整理事業などの大きな公共事業ではまちを活性化できない
  • グラウンドワーク三島の合言葉は「右手にスコップ・左手に缶ビール」
  • 市民・NPO・行政・企業とのパートナーシップを形成
  • 営利事業と非営利事業の2つの事業をうまく運営する組織
  • 多様な市民活動を3つの戦略的アプローチで展開
  • 市民力で環境再生から観光振興・空き店舗ゼロのまちへ
  • 多様な市民活動の現場が回廊性を創る
  • 「水の都・三島」の原風景と原体験の再生がコンセプト
  • 市民力・地域力を結集して源兵衛川の清流を再生
  • 活動の目標・指標を持ってまちづくりを展開
  • ふるさとの森・松毛川河畔林の整備
  • 儲けるNPOビジネスの経営と多様な市民活動を展開
  • 境川・清住緑地・大湧水公園の整備計画を提案
  • 大場地区里山整備計画を提案
  • 儲かるNPOビジネスを展開
  • 皆の力でまちを地域を元気に

 

 

基調講演録(PDFファイル)

 

 

2016/4/7 14:14 ( メイン )
カテゴリ内ページ移動 ( 37  件):     1 ..  7  8  9  10  11  12  13  .. 37    
コメント一覧
GNavi   (based on MyAlbum-P)
活動スケジュール
前月2017年 5月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<今日>

1997年7月31日より

人目です

サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント