7/25 イオンチアーズクラブの子どもたちが源兵衛川で清掃活動

7/25(木)にイオンチアーズグラブ三島本町店の子どもたち11名が「三島梅花藻の里」で定例作業の体験をしました。
9時に集合した子どもたちは、グラウンドワーク三島のインストラクターさんからミシマバイカモについて説明を受ました。

その際に、この三島梅花藻の里の中には、「ミシマ」と名前の付いた植物が3つあります。

ミシマバイカモ」「ミシマ桜」そして、みんなの後ろの方にある「ミシマサイコ」の3つですと教えてもらいました。

 

 

ミシマサイコの花

 

実際に水の中に入り、みんなでミシマバイカモの手入れをしました。
黒くなった先の部分を手で優しく洗っていくとなんとなくミシマバイカモがうれしそうに見えてきます。

 

     

 

その後、水の苑緑地から源兵衛川の散歩道を上流に向けて進み、三島中央病院横でちゃんかけ拾いをしました。
 

 

この場所は少し前にちゃんかけ拾いをしたのですが、30分ほどの時間でしたが大きいものから小さいものまで子どもが持つにはちょっと重いかなと思うくらい拾うことができました。

そのまま、上流をめざし、広瀬橋の横で、生き物探しと観察会を行いました。
子どもたちには、水の冷たさもあまり気にならないようで、夢中でタモ網と格闘しておりました。

 


この場所は、夏になると子どもたちがたくさん集まる場所でもあります。
今回は、タモロコやドジョウ、アブラハヤなどの魚やヌマエビ、トンボのヤゴなどが見つかりました。

 

 

また、外来種のアメリカザリガニや金魚も捕まえました。

持って帰りたいという子どもたちがたくさんいましたが、「源兵衛川の冷たい水に棲む生き物たちなので、捕まえても逃がしてあげてほしいな」というと、素直に「わかった!」と言いながら、川に戻してくれました。
本来、源兵衛川にいるはずのない金魚と外来種のアメリカザリガニは、育ててみたいという子どもたちが持って帰りました。

この日は見つけられなかったのですが、ホトケドジョウなど清流にしか棲めない貴重な生き物もこの源兵衛川には棲んでいます。


エコやリサイクル、リユースなどが環境保全にどのようにかかわってくるかこれから学んでいくうえで何か感じ取ってもらえたら、うれしいです。

 

グラウンドワーク三島の事務所の中に大きな水槽があります。
その水槽の中で、源兵衛川に棲む生き物たちが元気に過ごしています。
源兵衛川にはどんな生き物がいるのかなと思ったら、ぜひ、立ち寄って、水槽をのぞいてみてください。

 

 

 

2013/7/26 10:30 ( グラウンドワーク三島ブログ / 自然環境保全再生 )
カテゴリ内ページ移動 ( 239  件):     1 ..  138  139  140  141  142  143  144  .. 239    
コメント一覧
アーカイブ

源兵衛川が「世界水遺産」に登録されました。

源兵衛川が「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

共同通信社主催 第1回「地域再生大賞」大賞受賞ページ
共同通信社主催 第1回「地域再生大賞」の大賞を受賞しました。

土木学会100周年記念事業 「市民普請大賞」のグランプリを受賞しました。

グラウンドワーク三島 新聞報道記事一覧へのリンクバナー

2020年8月8日「三島梅花藻の里・土砂除去作業」の記事を掲載

グラウンドワーク三島のfacebookページ

 

Instagram

グラウンドワーク三島のインスタグラムページを開設しました!

 

A story of Genbegawa

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント