10/13 御園の圃場で援農活動

 

10月13日(土)
 
キャノンマーケティングジャパンのCSR活動の一環で三島市御園にある圃場で援農体験活動を行いました。
 
ここは、小麦の栽培を主とする畑で、小麦以外の葉物野菜などを栽培する畑は少し小さいですが、農薬を使わないで栽培しています。
 
 
畑到着後、まず、畝の間にある雑草処理をしました。
鍬で根が表に出るように表面をかじっていく作業です。
畝を壊さないよう、慣れない鍬と奮闘しながらも無事、終了。
 
 
 
次は、冬野菜を植え付ける畝づくりとハナナの間引き作業です。
畝づくり班と間引き班に分かれ作業開始。
畝づくりは二人で行い、あとの参加者は間引き作業です。
鍬とトンボを使い、それぞれの作物にあった畝を作ります。
 
 
間引き作業は、間隔を3〜5cmほどあけながら、元気なものを残し、はさみで刈り取ります。
残すものを選択するのがなかなか難しいですが、こちらもほどなく終了。
 
 
 
さあ、いよいよ植付け&種まきです。
今回は、ブロッコリーの苗の植付けとホウレンソウの種まきです。
ブロッコリーの植付けから始めます。
苗が入るくらいの穴をあけ、ポットから苗を取り出したら、底の根を少しほぐします。
穴に入れたら土をかけ、軽く押さえ、苗の周りに円を描くように溝を作り、たっぷりのお水をあげます。
 
 
ホウレンソウは、作った畝に二列に播きました。
角材などを使い溝を作ったら、サーッと水を撒きます。
その溝に種を置いていき、土をかけ、ポンポンと叩いて土を抑えていきます。
先にホウレンソウを播いてあった別の畝の発芽しなかったところに追い播きもしました。
こちらもたっぷりお水をあげて終了。
 
 
昼食をいただき、お楽しみの収穫体験。
 
 
今回のために栽培した、黄色いラディッシュとちょっと小さめの大根。
小さいものをちょっとつまみ食い…
ん?甘い…おいしい、辛っ!!
上の方は甘いけど、しっぽの方は辛かった。
ちゃんと成長するとひょうたんのような真ん中にくびれがある形になるようですが、まだ成長途中だったのでミニ大根って感じでしょうか?
でも、カクテキやキムチ鍋に入れるとおいしいそうです。
 
御園の畑には、サニーレタス、フェンネル、水菜、ホウレンソウなどが栽培されています。
今回、植え付けたブロッコリー、ホウレンソウともども元気に育ってくれるといいな。
 
 
 
収穫物を手に記念撮影
収穫物を手に記念撮影
2012/10/16 0:00 ( グラウンドワーク三島ブログ / 活動レポート / 環境コミュニティビジネス )
カテゴリ内ページ移動 ( 154  件):     1 ..  123  124  125  126  127  128  129  .. 154    
コメント一覧
アーカイブ

渡辺豊博事務局長の思いや活動報告を日々更新しています。

三島産新銘柄米「ゆめみしま」のご購入はこちら

源兵衛川が「世界水遺産」に登録されました。

源兵衛川が「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

「2020年アジア都市景観賞」を受賞しました。

 

グラウンドワーク三島 新聞報道記事一覧へのリンクバナー

2024年6月15日「ゆめみしま田植え開催」の記事を掲載

グラウンドワーク三島のfacebookページ

 

Instagram

グラウンドワーク三島のインスタグラムページを開設しました!

 

 

イギリス&日本・自然環境回復の処方箋~グラウンドワーク~

 

A story of Genbegawa

 

2021年8月26日「三島梅花藻の里」の定例整備作業

 

2021年9月16日「桜川川端」の整備作業

 

2021年8月28日「鎧坂ミニ公園」の整備作業

 

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント