そよかぜ学習 三島市立西小学校3年生

 本日、グラウンドワーク三島のインストラクター4人の指導のもと、三島市立西小学校3年生の児童58人とともに、源兵衛川の校外学習を実施しました。

 

梅雨に入り、お天気が心配されましたが、開始直前には太陽が顔を出し、子ども達は約1時間の校外学習を楽しみました。

 

 まずは、インストラクターより一度は汚れた源兵衛川が、市民の力によって現在のきれいな川へとよみがえった歴史を紹介。

 

 

 その後、子どもたちはタモ網の使い方や、どんな場所に生き物が潜んでいるのかを教えてもらいながら、生き物探しです。今年は、川の水量が多く、既に水位が一部飛び石の高さを超えている場所もあり、下着まで濡らしながらも一生懸命に取り組んでいました。

 

 

 

 今回は、アブラハヤ、ヤゴ、ザリガニ、また、なんと!ホトケドジョウ(静岡県レッドデータブック絶滅危惧1A類)を発見することができました。

 

 

観察の後は、捕まえた生き物は川に戻し、生き物を保護するため持ち帰らないよう指導しています。このような体験をとおし、源兵衛川の自然の素晴らしさを感じ、その自然を大切にする心を養い、一緒にこのふるさとの川を守っていくことを願います。

 

 

 

 

2011/6/22 0:00 ( グラウンドワーク三島ブログ / 環境教育・視察研修 )
カテゴリ内ページ移動 ( 239  件):     1 ..  225  226  227  228  229  230  231  .. 239    
コメント一覧
アーカイブ

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント