どんな組織なの?

組織概要

静岡県三島市は、昭和30年代までは富士山からの涌き水が町中に流れ、美しい水辺空間と自然環境を誇っていました。しかし近年、上流地域の開発や放置森林の増加によって、富士山からの涌き水が減少、そのため湧水池や湧水河川が枯渇し、豊かだった水辺自然環境も消滅の危機にさらされるようになりました。

 

そこで、それまで地域でバラバラに活動してきた市内の8団体(三島ゆうすい会、三島ホタルの会、三島青年会議所など)が一堂に会し、「水の都・三島」の水辺自然環境の再生と改善を目的として、1992年9月、「グラウンドワーク三島実行委員会」を結成しました。地域の環境改善の取り組みに、市民・行政・企業のパートナーシップを導入する「グラウンドワーク」の手法を活用することになったのです。

 

同委員会による環境改善活動は「市民が主役」ですが、そこに行政と企業を取り込み、三者による新しい地域総参加の体制づくりを進めていきました。その結果、市民・行政・企業の三者の連絡調整機関として「全体会」を構成、各市民団体の責任者で「理事会」を構成して、各協議会の決定を行う組織体制が出来ていきました。また実務部隊は、各団体から4〜5名のスタッフが配置され、「プロジェクト会議」の責任者となっています。

 

こうした協力関係からお互いの信頼関係が生まれ、まちづくりも目に見えるように活性化されていきました。現在、20団体が加盟し、「三島梅花藻(バイカモ)の里の整備・保全事業」や「松毛川河畔の自然環境保全事業」など、40のプロジェクトが地域住民やボランティアの協力の下に進行しています。

 

財政的には参加市民団体からの拠出金、企業からの賛助金・寄付金、行政からの補助金などが収入源になっており、また資材提供や機材供与、労力提供など、様々な形での支援を受けています。平成11年11月に特定非営利活動法人(NPO法人)となったグラウンドワーク三島では、将来的には市民・行政・企業の三者の中核に存在する「専門性の高い仲介役的なNPO」の組織づくりをめざしています。

 

⇒ グラウンドワーク三島 理事・監事一覧

 

 


 

NPO法人グラウンドワーク三島 受賞歴

 

グラウンドワーク三島が受賞した表彰には、以下のようなものがあります。

(リンクはいずれも別ウィンドウで開きます。)

 

 

 

年月 代表表彰者 表彰名
1996年3月 自治省 平成7年度「地域づくり団体自治大臣賞」
1997年11月 自治省 地方自治施行50周年記念「地方自治功労者自治大臣賞」
1997年11月 日本建築家協会 東海支部設立10周年記念大会「JIA静岡会長賞」
2001年6月 国際ソロプチミスト 駿河クラブ賞「環境貢献賞」
2001年12月 中部建設協会 第2回中部の未来創造大賞「国土マネジメント部門優秀賞」
2002年11月 美しいしずおか景観推進協議会(静岡県) 平成14年(第15回)静岡県都市景観賞 まちづくり部門「優秀賞」(境川・清住緑地)
2004年10月 NPO法人ユニバーサル社会工学研究会 水辺のユニバーサルデザイン大賞2004「大賞」
2005年6月 (社)土木学会 景観・デザイン委員会 デザイン賞2004「最優秀賞」
2005年10月 「都市景観の日」実行委員会(国土交通省、経済同友会ほか) 平成17年度都市景観大賞「美しいまちなみ大賞」(PDFファイル)
2005年11月 美しいしずおか景観推進協議会(静岡県) 平成17年(第18回)静岡県都市景観賞 まちづくり活動部門「優秀賞」(宮さんの川・ほたるの里)
2006年4月 朝日新聞社 第7回「明日への環境賞」
2006年10月 (財)あしたの日本を創る協会 あしたのまち・くらしづくり活動賞「内閣総理大臣賞」
2009年4月 フジサンケイグループ 第18回地球環境大賞「環境地域貢献賞」
2010年10月 毎日新聞社・朝鮮日報社 第16回日韓国際環境賞
2011年2月 共同通信社・加盟地方新聞46紙 第1回地域再生大賞「大賞」
2013年11月 生物多様性アクション大賞実行委員会

生物多様性アクション大賞2013「審査委員賞」

2014年2月 公益財団法人日本生態系協会  全国学校・園庭ビオトープコンクール2013 支援部門「学校ビオトープ元気賞」
2014年12月 公益社団法人土木学会 市民普請大賞「グランプリ」(土木学会100周年記念事業)
2015年9月 公益社団法人イオン環境財団 第4回生物多様性アワード「優秀賞」
2015年11月 公益社団法人都市緑化機構 第26回緑の環境デザイン賞「国土交通大臣賞」
2016年9月 日本水大賞委員会・国土交通省 第18回日本水大賞「環境大臣賞」

(2016年9月現在)

【画像】「環境地域貢献賞」授賞式の様子

フジサンケイグループ主催 第18回地球環境大賞「環境地域貢献賞」受賞(2009年4月)

(秋篠宮殿下、同妃殿下の御臨席の下、磯原ニッポン放送(株)代表取締役社長より表彰を受ける中川グラウンドワーク三島副理事長)

 


 

 

NPO法人グラウンドワーク三島 選定・登録歴

 

グラウンドワーク三島が関わっている実践地などのうち、選定されたものには、以下のようなものがあります。

(リンクはいずれも別ウィンドウで開きます。)

 

 

年月 選定者・選定名 選定対象
2006年2月 農林水産省選定「疎水百選」 源兵衛川
2008年6月 環境省選定「平成の名水百選」 源兵衛川
2010年1月 三島商工会議所選定「三島ブランド」 源兵衛川
2010年9月 三島商工会議所選定「三島ブランド」 ミシマバイカモ(三島梅花藻)
2013年11月 農村計画学会30周年記念事業「農村計画優良事例顕彰」 「英国発祥のグラウンドワーク活動の日本における実践と普及」
2013年12月 公益社団法人日本ユネスコ協会連盟第5回「プロジェクト未来遺産」 「ドブ川化した川を市民力を結集して蛍が乱舞する清流に再生・復活」(源兵衛川)
     
     

(2013年12月現在)

 

 

2016/10/31 9:41 ( グラウンドワーク三島とは )
カテゴリ内ページ移動 ( 8  件):   前  1  2  3  4  5  6  7  8    
コメント一覧
アーカイブ
活動スケジュール
前月2017年 5月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<今日>

1997年7月31日より

人目です

サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント