三島駅南口東街区再開発の着工について

 2023年12月16日(土)の静岡新聞に、三島駅南口東街区再開発事業着工の記事が掲載されました。水と緑を活かしたまちづくりをコンセプトに据え、源兵衛川を中心とした水辺空間の整備を推進してきたグラウンドワーク三島に取って、相容れない事業が動き出すことになりました。

 

 私の懸念としては、「水の街・三島」の卓越した価値は著しく低下し、大切な命の水である湧水を失う悲劇の始まりだと危惧しています。地権者も今後の事業費の高騰に対する行政からの補助金は見込めず、今後の工事費の高騰により個人負担が急激に増加し、破綻の危険性が高まると思います。

 

 現在見込んでいる賃貸料も市価と比較して高く、順天堂大学の入居の困難性を含め、商業施設は空き家だらけになると思います。硬い溶岩層の掘削により周辺家屋への振動などの被害や地下水の汚濁・減少・枯渇が、解体工事から現出し工事がストップになり、環境対策の検討の必要性により、本体工事の着工は遅延します。

 

 今まで、市長は夢のような計画を吹聴していましたが、現実的な問題が、次から次へと具現化して工事の進捗を阻みます。本来は、このような影、諸般の問題をすべて情報公開して、市民とともに解決策を検討する市民創意の計画策定ではならないのに、とにかく工事費の増加を含めて隠蔽主義を推し進めました。

 

 今まで、本会として三島市や組合、事業者に対し、公開質問状を提出しても具体的な話合いや情報公開はありませんでした。計画段階では秘密裏も対応可能かもしれませんが、工事が始まると実際の問題が具現化して目に見えるようになります。

 

 市民の皆様、これから発生する多様な問題に対して異議を発信していきましょう。これからの対応が、三島を守っていくための勝負処になってきます。施工業者や解体業者に対して、工事中の懸念・疑義を市民が結集して強い声をあげていきましょう。

 

 今後、新たな市民運動の体制づくりへの提案と工事差し止め請求などの検討を提案していきますので、ご協力のほど、宜しくお願いします。

 

関連新聞記事

  • 2023年12月16日静岡新聞(三島駅南口東街区再開発・年明け着工)
  • 2023年9月1日静岡新聞(三島駅南口東街区再開発・総事業費52億円増)
2023/12/16 18:54 ( 三島駅南口の整備を考える市民の会 )
カテゴリ内ページ移動 ( 155  件):   前  1  2  3  4  5  6  7  .. 155    
コメント一覧
アーカイブ

渡辺豊博事務局長の思いや活動報告を日々更新しています。

三島産新銘柄米「ゆめみしま」のご購入はこちら

源兵衛川が「世界水遺産」に登録されました。

源兵衛川が「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

「2020年アジア都市景観賞」を受賞しました。

 

グラウンドワーク三島 新聞報道記事一覧へのリンクバナー

2024年4月20日「ふじのくに生物多様性地域戦略推進パートナーシップ協定・締結式」の記事を掲載

グラウンドワーク三島のfacebookページ

 

Instagram

グラウンドワーク三島のインスタグラムページを開設しました!

 

 

イギリス&日本・自然環境回復の処方箋~グラウンドワーク~

 

A story of Genbegawa

 

2021年8月26日「三島梅花藻の里」の定例整備作業

 

2021年9月16日「桜川川端」の整備作業

 

2021年8月28日「鎧坂ミニ公園」の整備作業

 

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント