10/11三島駅南口西街区に関わる住民訴訟の判決について

 10月11日の西街区に関わる住民訴訟裁判は「不当判決」でした。近々に東京高等裁判所に控訴します。安く土地売却してしまった2億7,000万円の転売利益は、地方自治法が規定する債権には当たらないと門前払いされました。さらに、原告と被告双方の主張についても一切言及しませんでした。


 私の解釈は、裁判官が争点を的確に審査せず、入口論でシャッターをおろし深入りしなかったと判断しています。三島市は正当性が認められたとコメントしていますが、争点の違法性や不当性についての法的基準による判定をしていないわけですので、三島市の正当性の判断もされておらず、正しいとの主張の根拠はありません。


 今回の判例は、債権は金銭的なものを指すとのことで現実的に現金が動き損出を与えたものでなく債権ではないとの判例としては始めてのものです。今後、高裁の裁判官に高所からの判断を受けて、債権の考え方に対する新たな判断基準・判例をつくってもらうように戦いを続けていきます。


 皆様の引き続きのご支援を、今後とも、宜しくお願い申し上げます。高裁が難しければ、最高裁に控訴していきます。強い意思と覚悟を持ち、三島の正義を取り戻す取組みを継続していきます。

 

 判決文の全文を公開いたしますので、皆様是非ご一読ください。

 

 ⇒191011判決文(PDFファイルが開きます。)

 

関連新聞記事

  • 2019年10月12日毎日新聞(三島駅南口西街区住民訴訟・訴えを却下)
  • 2019年10月12日東京新聞(三島駅南口西街区住民訴訟・訴えを却下)
  • 2019年10月12日朝日新聞(三島駅南口西街区住民訴訟・訴えを却下)
  • 2019年10月12日静岡新聞(三島駅南口西街区住民訴訟・訴えを却下)
  • 2019年10月12日産経新聞(三島駅南口西街区住民訴訟・訴えを却下)
  • 2019年10月12日伊豆日日新聞(三島駅南口西街区住民訴訟・訴えを却下)
2019/10/12 16:59 ( 三島駅南口の整備を考える市民の会 / 活動レポート )
カテゴリ内ページ移動 ( 94  件):   前  1  2  3  4  5  6  7  .. 94    
コメント一覧
アーカイブ

10/11三島駅南口西街区に関わる住民訴訟の判決について

源兵衛川が「世界水遺産」に登録されました。

源兵衛川が「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

共同通信社主催 第1回「地域再生大賞」大賞受賞ページ
共同通信社主催 第1回「地域再生大賞」の大賞を受賞しました。

土木学会100周年記念事業 「市民普請大賞」のグランプリを受賞しました。

グラウンドワーク三島 新聞報道記事一覧へのリンクバナー

2019年11月17日「境川・植生移植ワンデイチャレンジ開催」の記事を掲載

グラウンドワーク三島のfacebookページ

 

Instagram

グラウンドワーク三島のインスタグラムページを開設しました!

 

A story of Genbegawa

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント