5/25「腰切不動尊大祭」を開催
 「腰切不動尊・大祭」(5月28日大祭、9月28日と1月28日例祭)が、令和元年5月23日午前10時から開催されました。約350年前から、三島市内の御殿川沿いにある歴史的不動尊を、グラウンドワーク三島が中心となり地域住民とともに、守り、伝える活動を続け、本年で20周年の節目の年になりました。
 今後とも「水の都・三島」の健康維持の「守り神様」(腰から下が無い石仏なので下半身の病気回復に効果があるとの言い伝え有り)を、大切に保護・保全していきたいと考えています。御殿川の川掃除も子どもたちがしてくれて感謝です。
 歴史的な「街の誇り・宝物」は愛郷心の基盤ですし、伝承の積み重ねと継続に意味があります。本日、三島の気温は、日中30度を越えて真夏のような暑さです。皆様、ご苦労様でした 。
 
 
2019/5/25 18:55 ( 地域の宝再生 )
カテゴリ内ページ移動 ( 37  件):   前  1  2  3  4  5  6  7  .. 37    
コメント一覧
アーカイブ

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント