5/18「早稲田大学レジデンスセンター」三島研修を実施

 5月18日(土)、「早稲田大学レジデンスセンター」の学生30名がグラウンドワーク三島に研修に来てくださいました。
 

 三島梅花藻の里での清掃作業や源兵衛川でのチャンカケ拾いなど「実学」を重視した研修を体験してもらいました。「グラウンドワーク三島の多様な環境マネジメントのノウハウやビジネスの手法、地域住民の合意形成、信頼性・活動の可視化・進化と深化の重要性、行政や企業へのアプローチ」など、現場最前線の生きた知恵・秘訣を皆様に伝授させていただきました。

 

 大学教授的な専門的な話には反応がいまいちでしたが、水温16度の湧水池や川に入っての体験型研修には喚声を上げ、目を輝かせて生き生きと活動していました。やはり、教室での座学による専門性の伝達は感動が希薄で、いろいろな話をさせてもらっても、すぐに忘れてしまうのではないでしょうか。


 実学・現場学・実践学を現場での活動を通して学べる本会の研修・インターンシップに来てください。現場での達成感や満足感はいいですよ。次回は、立教セカンドステージ大学、芝浦工業大学、青山学院大学、飛龍高校など、毎週、目白押しです。楽しく、思い出深く、有益です。

 

 

2019/5/18 18:56 ( 環境教育・視察研修 )
カテゴリ内ページ移動 ( 187  件):     1  2  3  4  5  6  7  8  .. 187    
コメント一覧
アーカイブ

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント