【参加者募集】5/25腰切不動尊大祭を開催します

 腰切不動尊は、寛永10(1633)年に、御殿川の水車場の川底から見つかった「石仏」を祀ったと言い伝えられています。石仏は、へそから上の上半身しか彫られていなかったために「腰切」の名で呼ばれるようになりました。

 「安産や下の病」に、ご利益があるとして、近郷近在の人々から信仰されて、年間3回のお祭り(大祭が5月28日、例祭が9月28日・1月28日)が行われてきました。しかし、信者の高齢化と信仰心の風化などによって、お祭りも行われなくなってしまいました。

 そこで、平成11(1999)年から、地域住民やグラウンドワーク三島、日本大学国際関係学部国際協力部などが協力して、腰切不動尊の祠や腰切井戸の再生整備と、5月の大祭、9月・1月の例祭を復活させ、「地域の歴史的な宝物」として20年間にわたり大切に守って来ました。

 本年は、5月25日(土)に「腰切不動尊・大祭」を開催いたします。当日は、法要や子どもシャギリの奉納、腰切不動尊の由来の紙芝居での紹介に加え、石仏が発掘された歴史ある「御殿川」の清掃活動を実施して、「水の都・三島」の文化と歴史、水辺環境の魅力を体験します。

 お子様を連れて、是非とも、ご参列・ご参加ください。

 

 

1.日 時 令和元年5月25日(土)10:00~12:00(自由参加)

 

2.場 所 大   祭:腰切不動尊(三島市南本町)

     清掃活動:御殿川(通学橋の上流側)

 

3.次 第 10:00 法要(龍澤寺僧侶)

      10:30 奉納シャギリ(田町シャギリ保存会)

      11:00 紙芝居(グローバル文化交流協会)

      11:20 御殿川清掃活動

      12:00 まとめ

 

4.持ち物 飲み物、タオル、帽子、サンダル

 

5.主 催 NPO法人グラウンドワーク三島

  協 力 田町シャギリ保存会

      グローバル文化交流協会

      南本町新御殿町内会 ほか

 

募集チラシ(PDFファイルが開きます。)

2019/5/11 18:33 ( 地域の宝再生 )
カテゴリ内ページ移動 ( 37  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 37    
コメント一覧
アーカイブ

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント