ネパール・環境バイオトイレプロジェクトについて

 平成31年4月4日午前中にパシュパティナート寺院内に設置を計画している「環境バイオトイレプロジェクト」の現地調査を行いました。
 とにかく、ネパールのトイレ事情は写真のように最悪です。トイレ内の悪臭は息も難しく、人間としての尊厳をも傷付け、心痛めます。ネパールの観光振興・拡大の大きな障害といえます。し尿が川に垂れ流され、地下水の汚染も進行しています。多くの子どもたちが、飲み水の問題で病気になり死亡率の減少も改善されません。し尿問題の解決は、ネパールの国家的規模の「人の命の問題」だと考えています。
 そこで、富士山のし尿垂れ流し問題を見事に解決した、この「環境バイオトイレ」を、この寺院内に導入・設置して実証実験をすることを計画しています。設置すれば成功することは間違いなく、ネパールでの公衆意識の変革と日本の環境技術の先進性をPRできます。
 さあ、新たな「トイレ再生プロジェクト」を本格化させます。トイレ整備と水質改善、地下水や飲料水の浄化などの難題を解決して、子どもたちの命を救うことができるのに「資金不足」です。皆様のご支援・ご協力をお願いします。ネパールでし尿問題を解決できれば、次のステージは世界の貧困国です。挑戦の舞台・世界は限りなく大きいです。

 

 

2019/4/6 16:15 ( 海外事業 )
カテゴリ内ページ移動 ( 59  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 59    
コメント一覧
アーカイブ

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント