【農業だより】夏のマルシェに出店

 全国的な猛暑が続く中、ここ三島も例外なく毎日最高気温が35℃を超える日々が続いています。体調管理に気を付けながら、野菜の生育を助けるため、農作業に出ています。

 作業は主に夏野菜の収穫、畑の草の管理に加えて、秋冬野菜の計画と準備を進めています。

 夏野菜は、三島名物の馬鈴薯を8品種(メークイン、シャドークイン、レッドムーン、グランドペチカ、キタアカリ、普賢丸、アンデスレッド、いんかのめざめ)栽培し、収穫しています。また、ナス、ピーマン、トマト、キュウリが生育中。

 畑の草は、この時期、成長がとても速いので、野菜の管理と同じくらい草刈りに時間をかけないといけません。

 秋冬は、バイカモ米や三島そばに加えて、キャベツ、ブロッコリー、大根、枝豆などを収穫予定です。

 

 さて、先日7月14日(土)は、西麓市場と沼津市ジャンボひものセンターで開かれた直売会に、出店しました。

 

 

この日、ジャンボひものセンターには、約300名が来場。

お客さんは、店頭に並べられたカラフルな馬鈴薯や、葉野菜、ミニトマト、かぼちゃを手に取り、購入していかれました。

 

 

 普段はお店に野菜を届けるばかりで、消費者との対面販売の機会がなかなかありませんが、お客さまや飲食店の方など他の出店者とも交流ができて、また「美味しい野菜をつくろう!」と日々の農作業へのモチベーションが上がりました!

2018/7/21 17:24 ( 環境コミュニティビジネス )
カテゴリ内ページ移動 ( 100  件):     1 ..  5  6  7  8  9  10  11  .. 100    
コメント一覧
アーカイブ

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント