腰切不動尊改修のための浄財ご寄進のお願い
 腰切不動尊は、寛永10年(西暦1633年)に御殿川の川底で見つかった石の仏像です。腰から上しか彫られていないので、腰切の名で呼ばれるようになりました。この不動尊は、腰から下の病や安産に御利益があるとされ、長い間多くの人々に信仰されてきました。
 
 この不動尊が忘れ去られようとしていたところ、平成11年(西暦1999年)に地域の皆さまと、日本大学国際関係学部の学生、そしてNPO法人グラウンドワーク三島などが「大祭」「例祭」を復活させ、守ってきました。
 
 しかし、最近、腰切不動尊の屋根にて雨漏りが発見され、調査の結果、腰切不動尊の維持保存のためには、屋根の葺き替え工事が必要になりました。
 
 そこで、経済状況の厳しい昨今ではありますが、工事には50万円ほどの改修費用を必要としますので、広く浄財のご寄進を仰ぎたく、皆様にお願い申し上げます。
 
 
 
1 事業計画
 
銅葺き瓦屋根への葺き替え
腐食の床、壁部の改修
祠外部の塗装
 
2 寄進方法
 
ご寄進を希望されます方は、下記の連絡先までご連絡願います。
ご寄進額は 一口「1,000円」からとし、何口でも承ります。寄進方法は、下記振込先へのお振込み、又は、グラウンドワーク三島事務局へご持参ください。
ご寄進者の方々のお名前は、棟瓦に記入し、その瓦を屋根に設置します。
 
3 振込先
 
ゆうちょ銀行 店名:二三八 店番:238 普通貯金 番号:4044960
 
 
【連絡先】
 
NPO法人グラウンドワーク三島  (担当:稲川、山田)
〒411-0857 三島市芝本町1-43
電話:055-983-0136 / FAX:055-973-0022
2010/11/9 15:28 ( 募集 )
カテゴリ内ページ移動 ( 154  件):     1 ..  146  147  148  149  150  151  152  .. 154    
コメント一覧
アーカイブ

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント