平成29年元旦のご挨拶

平成29年元旦のご挨拶

 

 

 明けまして、おめでとうございます。

 

 昨年は、グラウンドワーク三島の多様な活動に対して、皆さまからのご支援とご協力をいただき、深く感謝申し上げます。

 

 さて、新たな年がスタートします。本年は、グラウンドワーク三島がスタートして、25周年目となる記念すべき節目の年を迎えます。「水の都・三島」の「エコロジーアップ」を活動指針として、三島固有の文化性・歴史性・環境性を活かした魅力的なまちを創り上げてきました。

 

 合言葉は、「右手にスコップ・左手に缶ビール」「議論よりアクション」と現場主義が信条です。課題を抱えた現場に出かけ、ゴミを拾い、草を刈り、ヘドロを排除、竹を間伐し、木を植えてきました。1人1人の力の足し算が、大きな力となり、63箇所もの実践地を積み重ねてきました。

 

 源兵衛川では、外来種の草刈りや堆積土やヘドロの排除など、年間10回の作業、延べ500人の参加者、約300万円の資金投入など独自の維持管理を行い、ホタルやホトケドジョウが生息する豊かな水辺環境を創り上げてきました。

 

 その努力が結実して、源兵衛川は、昨年11月8日に「世界かんがい施設遺産」に登録され、その歴史的・技術的な価値と市民主導による保全システムが世界的に認められました。次は、「世界水遺産」への登録であり、今後、世界遺産のダブル受賞が世界で最初に実現する可能性があります。三島の宝が世界の宝にランクアップして、世界中から年間300万人を超える来訪者が期待されます。

 

 松毛川(灰塚川)では、貴重な河畔林を覆う竹林の伐採作業を2,000mの区間、7年間にわたり続け、5,500本の樹木を植林してきました。結果、巨木の根元に光が差し、風が吹き通り、幼木が育ち、新たな森が創られ、虫たちも這い出し餌が増え120種類もの鳥が飛び回るジェラシックパークになっています。現場での単純作業の蓄積は再生の原動力です。

 

 三島駅南口の駅前再開発事業では、三島の未来像を市民の議論とアイデア、責任で創り上げる市民に開かれた「ワークショップ」を15回も開催して、延べ1,000人以上の市民参加を得ました。まちは市民のものです。市の将来は特定の企業や政治家に委ねるものではなく、今の三島のように市民の発意と努力により、独自の経済的な振興のしくみを創り上げていくものです。

 

 今回、西街区を開発する東京急行電鉄と東急ホテルズによる開発に対しては、地下水の悪影響を防ぐ「市民監視システム」の導入を実施・要請するとともに、東街区では、三島・伊豆らしさを広域的に発信できる「市民総意の整備計画」を提言・実現していきます。

今後とも、三島での地道な市民活動を基盤として、グラウンドワーク三島の先導性と革新性を、国内外に広げて、「地域協働」のしくみを活用した、先進的なまちづくりの牽引役としての役割を着実に果たしていきます。

 

 本年度の主な活動としては、

 

  1. 5月20日と21日に開催予定の「グラウンドワーク三島設立25周年記念事業」の実施
  2. 農業ビジネス・街中カフェビジネス・民泊ビジネスを主軸とした「NPOビジネス」の強化
  3. ネパール・日本「グローバルビジネス専門学校」の開校
  4. 各高校での講座開講による「ヤングボランティア育成事業」の実施
  5. 三島市大場地区健幸フロンティア事業・三島駅南口再開発事業・元三島中央幼稚園活用事業・函南町丹那地区旧川口宅再開発事業・水辺のカフェ開設事業などの新規事業への挑戦
  6. 台湾社区大学・ネパール各大学・韓国ナショナルトラスト・英国グラウンドワーク連合体・ニュージーランドトンガリロ国立公園・アメリカマウントレーニア国立公園などとの人的交流事業の実施
  7. 松毛川の千年の森づくり事業・境川清住緑地の水の郷整備事業・大溝川側帯の整備事業・御殿川の川づくり事業・大場地区の里山再生事業の提案

 

などへの取り組みです。

 

 グラウンドワーク三島の「夢」は、壮大であり限度がなく無限です。夢の事実化に向けて、エネルギッシュな行動力と発想力を駆使して現実化していきます。

 

 今後とも、皆さまの引き続きのご支援をお願いいたします。

 

 

NPO法人グラウンドワーク三島 専務理事 渡辺 豊博

2017/1/1 0:01 ( その他 )
カテゴリ内ページ移動 ( 54  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 54    
コメント一覧
アーカイブ
活動スケジュール
前月2017年 6月翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<今日>

源兵衛川が「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

共同通信社主催 第1回「地域再生大賞」大賞受賞ページ
共同通信社主催 第1回「地域再生大賞」の大賞を受賞しました。

土木学会100周年記念事業 「市民普請大賞」のグランプリを受賞しました。

グラウンドワーク三島 新聞報道記事一覧へのリンクバナー

2017年6月25日 「台湾『流域学校研究会』講演・渡辺専務理事

の記事を掲載

グラウンドワーク三島のfacebookページができました!

 

 

1997年7月31日より

人目です

サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント