10/29 秋の稲刈り・脱穀体験を開催 [地図表示]

 今年度よりグラウンドワーク三島では、米づくりにチャレンジしています。三島市長伏地区・長伏小学校東隣に位置する水田では、減農薬米(品種:あいちのかおり)を栽培しています。

 6月に田植えを行って以降、順調に育ち、迎えた実りの秋。10月29日(土)に「秋の稲刈り・脱穀体験」を開催しました。

 三島市内外の親子を含め41名が参加し、賑やかに収穫体験が行われました。

 

 

 稲刈りは鎌を使った手刈り作業。子供たちは慣れない鎌に、初めは慎重になっていましたが、だんだんと慣れてくると大人がびっくりするほど、手早く刈り進めていきます。

 

 

 

 刈った稲は根元をわらで結んで束にし、竹で組んだ「はざ」に掛け、天日干しをします。

 

 

 

 また、事前に刈って干しておいた稲で、籾を取り除く脱穀作業の体験をしました。今では珍しい昔ながらの足踏み脱穀機。稲を手で持ち脱穀機にかける人に、足でペダルを踏んで機械を回す人と、親子が一緒になりながら、約80kg分の籾を取ることができました。

 

 

 

 参加者からは「子供が楽しそうに稲刈りをしていた」、「農作業に夢中になりました」、「子供に米をつくる苦労を体験させることができて、満足した」といった感想が聞かれました。皆さん、大満足の様子です。

 

 

 今回収穫した稲は、その後、選別・籾摺り等の作業を経て、11月下旬頃より三島街中カフェで販売をします。

 多くの子供たちが作った美味しいお米を、ぜひお楽しみに!

地図  [KML] [地図表示]
2016/10/31 21:05 ( 環境コミュニティビジネス )
カテゴリ内ページ移動 ( 153  件):     1 ..  81  82  83  84  85  86  87  .. 153    
コメント一覧
アーカイブ

源兵衛川が「世界水遺産」に登録されました。

源兵衛川が「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

「2020年アジア都市景観賞」を受賞しました。

 

グラウンドワーク三島 新聞報道記事一覧へのリンクバナー

2023年1月26日「境川・清住緑地・コイの行方は」の記事を掲載

 

グラウンドワーク三島のfacebookページ

 

Instagram

グラウンドワーク三島のインスタグラムページを開設しました!

 

 

イギリス&日本・自然環境回復の処方箋~グラウンドワーク~

 

A story of Genbegawa

 

2021年8月26日「三島梅花藻の里」の定例整備作業

 

2021年9月16日「桜川川端」の整備作業

 

2021年8月28日「鎧坂ミニ公園」の整備作業

 

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント