9/3 「源兵衛川環境モニタリング調査」を実施しました [地図表示]

 

 源兵衛川は、富士山の湧水を水源とする、全長1.5㎞の農業用水路です。その下流部は、エノキ、ハンノキなどの高木が生え、住宅街を流れる上・中流域にくらべ、変化に富んだ環境です。

 

 しかし近年、ヘドロの堆積、トキワツユクサ・ヒメツルソバ・アメリカザリガニなどの外来動植物の繁茂・繁殖が進み、本来の農村景観が失われつつあります。

 

 これを受けてグラウンドワーク三島では、平成20年頃より、源兵衛川の原風景の自然環境の復元・再生を目指した実践活動(環境再生ワンデイチャレンジ等)を実施しています。

 

 

 9月3日(土)午後、三島・農業人育成・都市型グリーンツーリズム推進協議会との共催で、源兵衛川下流部・第7ゾーン・三島市消防本部沿いの生物調査・植生調査・実践活動を実施しました。

 

 知徳高校情報ビジネス科3年生、市民、グラウンドワーク三島インストラクター等約30人が参加し、源兵衛川の生態系に精通する専門家から、下流部の生態系の現状や生物多様性の保全活動の重要性を学んだ後、実践活動に汗を流しました。

 

 

 

1.生物調査(講師:常葉大学非常勤講師 加須屋 真 先生)

 源兵衛川の生態系の現状や保全活動の話を伺った後、参加者がたも網と水槽を持ち、川の中の魚類・水生生物の捕獲・同定を実施しました。

 

 

 

 調査の結果、魚類ではアブラハヤ(優占種)、ウグイ、モツゴ、カマツカ、トウヨシノボリ、スミウキゴリ、昆虫類はハグロトンボのヤゴ、貝類・甲殻類ではカワニナ、ヌマエビの一種、アメリカザリガニを捕獲・同定し、富士山を水源とする湧水が流れる農業用水路・源兵衛川の生態系の豊かさを学びました。

 

 

 

 

2.植生調査(講師:常葉大学非常勤講師 菅原 久夫 先生)

 川沿いの在来植物・外来植物(帰化植物)を調査しました。調査区間を3箇所設け、外来植物と在来植物の同定と被度を調査しました。

 

 

 

 調査の結果、在来植物はジュズ、セキショウ、ミゾソバ、ヨモギ、ツユクサ、ヨシ等、外来植物(帰化植物)は、ハーブ、アメリカセンダングサ、メリケンガヤツリ等を確認しました。

 

 また、帰化率(帰化植物種数/全出現種数)は約66%で、外来植物が増加しつつある源兵衛川の植生の現状を学びました。

 

 

3.実践活動…外来植物(ハーブ類等)の除去、在来植物(クサヨシ等)の手入れ

 

 生物調査と植生調査の調査結果を踏まえ、ハーブ類等の外来植物の除去と、在来植物の手入れの選択除草作業を実施しました。

 

 

 

 

源兵衛川環境モニタリング調査
源兵衛川環境モニタリング調査
地図  [KML] [地図表示]
2016/9/3 18:48 ( 水辺環境再生 )
カテゴリ内ページ移動 ( 110  件):     1 ..  36  37  38  39  40  41  42  .. 110    
コメント一覧
アーカイブ

源兵衛川が「世界水遺産」に登録されました。

源兵衛川が「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

「2020年アジア都市景観賞」を受賞しました。

 

グラウンドワーク三島 新聞報道記事一覧へのリンクバナー

2022年9月28日「【清流】三島市による源兵衛川の無断草刈り」の記事を掲載

 

グラウンドワーク三島のfacebookページ

 

Instagram

グラウンドワーク三島のインスタグラムページを開設しました!

 

 

イギリス&日本・自然環境回復の処方箋~グラウンドワーク~

 

A story of Genbegawa

 

2021年8月26日「三島梅花藻の里」の定例整備作業

 

2021年9月16日「桜川川端」の整備作業

 

2021年8月28日「鎧坂ミニ公園」の整備作業

 

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント