8/27 「三島そば」種まき作業を実施しました [地図表示]

 

 「三島そば」は江戸時代、三島宿の特産品として東海道を行き交う多くの旅人に親しまれていました。グラウンドワーク三島では、地域の食文化復活を目指し、2003年、平成の「三島そば」栽培の取り組みを開始しました。

 

 そば栽培やそば打ち、農業に関心のある市民を中心に「そばつくり隊」を結成し、とうみや足踏み式脱穀機などの古農具を修理・再生し、昔ながらの栽培方法にこだわり、そば栽培から加工(そば打ち)まで行っています。平成27年からは、三島・農業人育成・都市型グリーンツーリズム推進協議会とグラウンドワーク三島の共催により実施しています。2015年は、約90kgのそば実を収穫し、そばつくり隊メンバーでの年越しそばづくりや、三島街中カフェでの乾麺の販売等を実施しました。

 

 13年目を迎える「三島そば」づくり。その第1回作業として、2016年8月27日(土)、箱根西麓・三島市元山中(川原ヶ谷)のそば畑約3,000㎡で、「三島そば」の種まき作業を実施しました。「そばつくり隊」メンバー、市民、グラウンドワーク三島スタッフ等15人が参加しました。

 

 事前に耕しておいた畑に溝をつくり、参加者が一列になって、そばの種を手でまきました。駿河湾が一望できる絶景も眺めながら、曇り空の穏やかな天候のもと、種まきを終わらせることができました。

 

 

 「三島そば」は、順調に生育すれば、9月中旬頃に白い花を咲かせます。

 

 「そばつくり隊」では、11月上旬頃に収穫作業を実施します。その後、数回の分別・磨き作業を経て、12月下旬頃に年越しそば打ち教室を開催する予定です。

 

 

 

 

■新聞記事

 2016年8月29日伊豆日日新聞(「三島そば」種まき作業実施)

 

 

 

 

 

 

「三島そば」の種まき作業
「三島そば」の種まき作業
地図  [KML] [地図表示]
2016/8/29 9:15 ( 環境コミュニティビジネス )
カテゴリ内ページ移動 ( 154  件):     1 ..  84  85  86  87  88  89  90  .. 154    
コメント一覧
アーカイブ

渡辺豊博事務局長の思いや活動報告を日々更新しています。

三島産新銘柄米「ゆめみしま」のご購入はこちら

源兵衛川が「世界水遺産」に登録されました。

源兵衛川が「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

「2020年アジア都市景観賞」を受賞しました。

 

グラウンドワーク三島 新聞報道記事一覧へのリンクバナー

2024年2月14日「子どもを元気に富士山プロジェクト」の記事を掲載

グラウンドワーク三島のfacebookページ

 

Instagram

グラウンドワーク三島のインスタグラムページを開設しました!

 

 

イギリス&日本・自然環境回復の処方箋~グラウンドワーク~

 

A story of Genbegawa

 

2021年8月26日「三島梅花藻の里」の定例整備作業

 

2021年9月16日「桜川川端」の整備作業

 

2021年8月28日「鎧坂ミニ公園」の整備作業

 

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント