10/17鎮守の森探検隊「第7回目里山の貴重な生き物を観察しよう」開催 [地図表示]

10/17(土)10:00~12:00 鎮守の森探検隊「第7回目里山の貴重な生き物を観察しよう」を開催しました。

 

前夜から降り出した雨が心配されましたが、雲の合間から日差しが見えはじめる中、第7回鎮守の森探検隊を総勢19名で開催しました。

 

 

今日は、生態系専門家の加須屋真先生(常葉大学非常勤講師)と関川文俊先生(常葉大学附属環境防災研究所研究員)を講師に招き、静岡県立三島南高等学校のビオトープと伊豆縦貫自動車道の東側に広がる里山エリア(水田・休耕田・湿地帯・水路)を観察会の場として、大場の生き物や植物を観察しながら里山の魅力に迫りました。

 

まずは、静岡県立三島南高等学校のビオトープ(※1)を訪問しました。

今夏、地域の方にも協力をいただきながら、1週間ほどで「三南トープ」の大整備活動に取り組んだそうです。

 

 

 

(※1)ビオトープとは、「地域の野生動物が次の世代へ生命をつなげていく環境」と本日のプログラムで解説しました。

 

40m井戸を掘り、一定の水温(15℃)の水が流れるように高低差をつけ工夫をしています。現在の三南トープには、ドジョウ、ミシマバイカモ、アメンボ、カワニナ、メダカが棲息しています。

 

三南トープはだれでも自由に訪れることができ、大場の自然の生き物たちを身近に見ることができます。その環境を保つため、ビオトープの生き物には餌を与えないこと、また外来種を持ち込まないよう気を付けましょう。

 

その後、大場の里山周辺の散策をして、トンボやチョウチョウの観察をしました。

 

  

 

陸上の生き物の観察を終え、次は水生生物の観察場に移動しました。

 

  

 

たも網を使って、水生生物の採取に挑戦しました。

最後に採取した水生生物を一箇所に集めて観察会を行いました。

 

本日観察した主な生き物は、ホトケドジョウ、アメンボ、トノサマガエル、キタテハ(トンボの一種)、アオモンイトトンボ、ウズバキトンボ、キタキチョ 等

植物は、サザンカ、ミシマバイカモ、ガマズミ、セイタカアワダチソウ(外来種)等

 

観察会が終わったら、採った水生生物はもとの用水路に戻し見守ります。

 

三島南高等学校からも学生が参加して、全員で地元里山の魅力を堪能しました。

 

 

 

次回は11/8(日)(注:11/7()から日程が変更になりました)9:00~12:00、山田川自然の里にて落ち葉やドングリを拾い、ネイチャークラフトに挑戦します。雨天の場合は、屋内で開催します。

 

現在、参加者募集中です。皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

 

地図  [KML] [地図表示]
住所静岡県三島市大場
2015/10/17 17:08 ( グラウンドワーク三島ブログ / 環境教育・視察研修 )
カテゴリ内ページ移動 ( 241  件):     1 ..  59  60  61  62  63  64  65  .. 241    
コメント一覧
アーカイブ

源兵衛川が「世界水遺産」に登録されました。

源兵衛川が「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

「2020年アジア都市景観賞」を受賞しました。

 

グラウンドワーク三島 新聞報道記事一覧へのリンクバナー

2022年12月2日「三島駅南口東街区再開発・医療機能検討の経緯説明」の記事を掲載

 

グラウンドワーク三島のfacebookページ

 

Instagram

グラウンドワーク三島のインスタグラムページを開設しました!

 

 

イギリス&日本・自然環境回復の処方箋~グラウンドワーク~

 

A story of Genbegawa

 

2021年8月26日「三島梅花藻の里」の定例整備作業

 

2021年9月16日「桜川川端」の整備作業

 

2021年8月28日「鎧坂ミニ公園」の整備作業

 

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント