7/30 吉原高校生等ボランティア「三島梅花藻の里定例作業」 [地図表示]

去る7月30日(木)、吉原高校生、東京農業大学生等のボランティアが「三島梅花藻の里」の

定例作業と「雷井戸」の整備作業の手伝いに来てくれました。

 

まず、事務局員よりミシマバイカモについての説明と、作業等の活動の説明を行いました。

 

 

 

その後、実際に冷たい水に入って、ミシマバイカモについた汚れ(雑菌による腐食)の除去を

行いました。そして、ミシマバイカモが繁茂し、水の供給が悪くなっている場所では、間引きを

行い、水の通り道を作りました。

 

 

 

「三島梅花藻の里」作業の後は、「雷井戸」の整備作業です。

暑い日差しの下、繁茂していた雑草の除去を行いました。

 

 

 

三島梅花藻の里では、水量に比べて多くのミシマバイカモが生育し、汚れがたまりやすい

ため、毎週の作業が必要となります。また、夏になると雑草の成長速度も上がるため、

「三島梅花藻の里」と「雷井戸」を管理・保全していくには、より多くの力が必要となります。

 

30日には、多くのボランティアの方に参加していただき、いつも以上に整備作業を行う

ことができました。

地図  [KML] [地図表示]
住所三島市南本町7
2015/7/31 18:04 ( 活動レポート / 地域の宝再生 )
カテゴリ内ページ移動 ( 31  件):     1  2  3  4  5  6  7  8  .. 31    
コメント一覧
アーカイブ
活動スケジュール
前月2017年 4月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<今日>

1997年7月31日より

人目です

サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント