そば唐箕(とうみ)作業

広げて、じっくり乾燥させたそばの実。

 

実についている土や葉や茎のくずなどを取り除く唐箕(とうみ)作業を行いました。

 

総勢6名でそばの実をふるいにかけて土やくずを取り除きます。

 

約150キロのそばの実を約2時間かけて唐箕。

 

このあと、そばの実はさらに磨かれ、乾燥し、製粉されてやっとそば粉となります。

 

そばとして食べられるようになるまで、収穫してからもなが〜い道のりを経るのです。

 

こうやって手をかけてきた分、このそばの実からできたそば粉で、そば打ちをしてみんなで食べるのが楽しみです。

2010/12/1 17:31 ( 三島農村カフェ / 環境コミュニティビジネス )
カテゴリ内ページ移動 ( 6  件):     1  2  3  4  5  6  次
コメント一覧
アーカイブ

源兵衛川が「世界水遺産」に登録されました。

源兵衛川が「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

共同通信社主催 第1回「地域再生大賞」大賞受賞ページ
共同通信社主催 第1回「地域再生大賞」の大賞を受賞しました。

土木学会100周年記念事業 「市民普請大賞」のグランプリを受賞しました。

グラウンドワーク三島 新聞報道記事一覧へのリンクバナー

2020年6月2日「ミシマバイカモ見頃」の記事を掲載

グラウンドワーク三島のfacebookページ

 

Instagram

グラウンドワーク三島のインスタグラムページを開設しました!

 

A story of Genbegawa

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント