朝日新聞デジタルで源兵衛川・ミシマバイカモが紹介されました [地図表示]

 2013年8月31日付の朝日新聞夕刊(第3版)の1面、及び朝日新聞デジタルにて、源兵衛川中流部・第5ゾーン・水の苑緑地南端のミシマバイカモ群生地の写真が掲載されました。

 

 ミシマバイカモは、キンポウゲ科の水中花です。手のひら型の浮葉が特徴で、楽寿園小浜池で発見されたことからこの名がつきました。水温が一定で、きれいな水を好むことから、「清流のバロメーター」とも呼ばれています。かつて湧水が豊富だった三島では、源兵衛川などで咲いていましたが、1960年代以降、環境悪化が進行し、三島市内からは姿を消してしまいました。これを受けて、三島ゆうすい会やグラウンドワーク三島では、佐野美術館所有の湧水池を借りて、増殖基地となる手づくり公園「三島梅花藻の里」を造成し、これまで約20年間にわたり、市民ボランティアの皆様と共に、ミシマバイカモを大切に守り育ててきました。数年前からは、増殖したミシマバイカモを源兵衛川に移植を進めています。今回紹介されたミシマバイカモの群生地は、グラウンドワーク三島インストラクターの山口東司さんにより、大切に守り育てられてきた場所になります。

 

 また、源兵衛川のミシマバイカモや水辺散策を楽しむ親子、貴重な生き物等について取り上げた動画が、Youtubeに公開されています。ぜひご覧ください。

 

 群生地のミシマバイカモは、まだ見頃です。佐野美術館西側の三島梅花藻の里では、1年中、可憐な白い花を観賞できます。ぜひお立ち寄りください。

 

 ■富士の湧き水に咲くミシマバイカモ

 

地図  [KML] [地図表示]
2013/9/10 0:00 ( お知らせ / 水辺環境再生 )
カテゴリ内ページ移動 ( 209  件):     1 ..  163  164  165  166  167  168  169  .. 209    
コメント一覧
アーカイブ

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント