三島駅南口の整備を考える市民の会(35 件)
三島駅南口東街区再開発事業の「公募」を即延期に!! 66億円もの財政負担を伴う再開発事業を止める
「水の都・三島」を財政破綻と魅力破壊から守る署名活動
 
 

 平成29年11月から「公募」が始まる「東街区再開発事業」が実施されますと、市民には、新たに66億円もの「財政負担」が伴います。市民の皆さんは、この事実を承知・合意していますか?

 三島市は、本事業の多様な効果を強調していますが、将来の経済動向が定まらない中で、多額な投資を伴う開発事業は、想定外の危険が伴い、街の破壊が懸念されます。

 また、三島市には、今後30年間で830億円(市年間予算額350億円の2.4倍)もの「公共施設更新費用」(三島市役所・三島市民文化会館・三島市民生涯学習センター等の公共施設の維持管理改修費)に関わる、深刻な財政負担問題を抱えています。

 今回の事業により、市にさらに過重な財政負担がかかり、今後の本事業の実施により「財政破綻・崩壊」が発生して、市民サービスの低下が予測されます。

 もし今のまま駐車場で活用すれば、年間1.5億円が見込まれ、大場地域での新たなまちづくりが実現すれば、年間5億円の収入が予測され、県計画と調整すれば、数十億円の支援が期待できます。

 何故、三島駅南口東街区再開発事業「公募」を、建設費の高い時に、急ぐ理由があるのでしょうか。

 今回の署名活動により、多くの賛同者のご理解を得て、三島市に対して、平成29年11月から平成30年2月末まで実施される「公募」の「即延期」と時間をかけた市民総意の整備計画の策定を要望していきます。

 市民の皆様による、町内や友人、関係者からの署名へのご協力をお願いいたします。

 ※2017年11月1日から、グラウンドワーク三島事務局前で街頭署名活動を実施します。

署名活動では、署名数1万人を目指しています。

主催:NPO法人グラウンドワーク三島

■署名活動関係資料

 ⇒ 署名用紙の掲載ページへのリンク(別ページへ移動します)

■その他関係資料

■ 関連新聞記事

  • 2017年10月25日東京新聞(GW三島が三島駅南口再開発事業・完成後の模型・CGを製作)
  • 2017年10月23日毎日新聞(GW三島が三島駅南口再開発事業・完成後の模型・CGを製作)
  • 2017年10月21日伊豆日日新聞(GW三島が三島駅南口再開発事業・完成後の模型・CGを製作)(PDFファイル)
  • 2017年10月21日静岡新聞(GW三島が三島駅南口再開発事業・完成後の模型・CGを製作)(PDFファイル)

 

上のカテゴリへ記事の一覧へ
 地図を検索  (住所や地名等を入力してください。)
 
マーカーリスト
選択してください。
ただいま読込中...
緯度: 35.117689   経度: 138.919772   ズーム: 17
アーカイブ

1/30 三島市に住民監査請求を行いました

源兵衛川が「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

共同通信社主催 第1回「地域再生大賞」大賞受賞ページ
共同通信社主催 第1回「地域再生大賞」の大賞を受賞しました。

土木学会100周年記念事業 「市民普請大賞」のグランプリを受賞しました。

グラウンドワーク三島 新聞報道記事一覧へのリンクバナー

2018年2月13日「日韓バイカモ保全国際交流サミット開催」の記事を掲載

グラウンドワーク三島のfacebookページ

 

Instagram

グラウンドワーク三島のインスタグラムページを開設しました!

 

1997年7月31日より

人目です

サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント