松毛川でのグラウンドワーク三島の取り組み(令和元年7月10日)

 「ザ!鉄腕!DASH!!」で、三島市と沼津市境を流れる松毛川が取り上げられました。外来種のカミツキガメを捕獲し、グルメに料理して食べる番組でした。


 グラウンドワーク三島は、この場所の自然度の貴重性に注目して、12年間以上にわたり森づくりと環境保全に取り組んできました。ここは、狩野川の旧川敷・止水域であり、狩野川の原風景・原自然が残る、サンクチャリー・ジェラシックパークです。


 しかし、以前は放置竹林が繁茂して、河畔林を被い、光が届かず、倒木などふるさとの森の荒廃が進んでいました。ふるさとの森の再生・復活を目指し、都留文科大学の私のゼミ生や地域住民との協働により、放置竹林の伐採や植林活動、清掃活動を行い、豊かな水辺自然環境に再生・復活してきました。


 ドローンで撮影した上空からの河畔林の写真は始めてみました。この水と緑の空間は、三島市と沼津市、日本の宝だと思います。現在、本会としては、三島市側の私有地3000㎡の土地買収を進めています。


 今後とも、永続的に松毛川(沼津市側は灰塚川と呼ぶ)を守り、伝えていく役割を担っていかくなくてはならないと決意した機会になりました。

 

 ⇒ 「松毛川の森を守る募金活動」詳細案内(PDFファイル)

 

 

 

 

 

2019/7/10 9:22 ( メイン )
カテゴリ内ページ移動 ( 50  件):     1 ..  3  4  5  6  7  8  9  .. 50    
コメント一覧
GNavi   (based on MyAlbum-P)

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント