令和元年度のグラウンドワーク三島通常総会を開催(令和元年6月26日)

この「事務局長のつぶやき」、今まで、ほとんど更新されていませんでした。

実は、日々、試行錯誤・迷走飛行を繰り返しながら、誰にも言えない、悩みや愚痴を含めて盛んにつぶやいています。

最近は、フェイスブックにほぼ毎日のように、私が何をしているのかの活動報告を含め、具体的な行動について掲載しています。

そこで、フェイスブックと重複しますが、令和元年6月27日より「事務局長のつぶやき」を書き始めます。

臨場感のある渡辺事務局長節を、お届けいたしますので、お楽しみしてください。

 

 

 

 令和元年6月22日・グラウンドワーク三島の通常総会がビア701で開催されました。事業実施の方針は「安定的な組織・活動基盤の拡充と国際的な事業の展開」です。
 本年度に実施する事業は多様で、時代を先導する革新的で創造的な事業ばかりです。NPO力の可能性・潜在力を引き出し、行政や政治の限界を超えた社会的な役割を、グローバルな領域で開拓・挑戦していきたいと意気込んでいます。主要事業は、
 1 新規バイオトイレの開発と生産、ネパールでの普及拡大
 2 三島独自の地域ブランド米「富士山湧水米」の生産
 3 「御殿川親水公園化事業」の事業化による回遊性の強化
 4 メディカルセンター近くのマンション計画中止と湧
   水地を生かした「自然共生型住宅開発」の調整と実現
 5 ネパールカトマンズ・パシュパティナート寺院への
   バイオトイレの設置と聖なる川・バグマティ川の水辺
   再生プロジェクトの展開
 6 松毛川三島市側河畔林約3000㎡の私有林購入と本会での管理
 7 境川・清住緑地水の郷公園と境川の市民主体の維持管理
 8 三島市南口東街区高層マンションの中止と代替案の提示
 9 三島駅南口西街区に関わる公判の間接的な支援
 10 英国グラウンドワークやネパール、台湾との人的交流
 11 源兵衛川・楽寿園・白滝公園・柿田川・境川清住緑地
   を「世界文化遺産」に登録する県民運動の展開
 

 今年も、「人は人のために生きてこそ人なり」「1日1笑」を念頭において、三島のさらなる元気と魅力アップを仕掛けていきます。皆様の引き続きのご支援、宜しくお願いいたします。やはり仲間たちは気心が知れて、心根が正直で心休まりますね。

 

  • 2019年6月26日伊豆日日新聞(令和元年度通常総会・意見交換会開催)
  • 2019年6月24日静岡新聞(令和元年度通常総会・意見交換会開催)
2019/6/27 21:12 ( メイン )
カテゴリ内ページ移動 ( 76  件):     1 ..  33  34  35  36  37  38  39  .. 76    
コメント一覧
GNavi   (based on MyAlbum-P)

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント