1期グラウンドワーク・インターンシップ(エキスパートコース)専門研修1(2日目)

 2日目の午前中は、「資金確保と助成金申請等のノウハウ」をテーマに講演を行いました。申請書を書くときのコツは、どこにあるのか、予算など必要な数字を詰めるにはどうすればいいのかなど研修生の中に実際に申請書を準備している方や実際に出されている方などから様々な意見や質問が出ました。 

 

 ワークショップでは、実際に使われている環境保全基金への申請をすると仮定した場合、どのような内容を記入して書類を提出するかを研修生の皆さんに考えてもらいました。発表には、昨日訪れた三島梅花藻の里を例にして実際に申請書類を書く際の内容を発表するグループ、自分のNPO団体や周囲が持つ課題を解決するために申請をこうしたいという具体的な発表が多くありました。このように、今回の研修は、講義を行うというよりも議論を多くする場面が多く見られます。

 午後は、植物生態学・植生がご専門の菅原久夫先生と源兵衛川を下り、途中で外来植物と風景との関わり合いや、地域ぐるみで問題解決するための難しさなどを解説していただきました。

 

 源兵衛川での作業では、外来植物の除去、セキショウの移し替え、川の堆積物の除去などを普段お世話になっているボランティアスタッフの方にもお手伝いいただきながらすすめることができました。最後に改めて菅原先生から「源兵衛川の植生と植物」の題でお話をいただき、2日目の活動終了しました。 

 

■エキスパート・コース専門研修1 1日目

■エキスパート・コース専門研修1 最終日

2011/1/23 0:00 ( 地域社会雇用創造事業「GWインターンシップ/GWインキュベーション」 )
カテゴリ内ページ移動 ( 202  件):     1 ..  168  169  170  171  172  173  174  .. 202    
コメント一覧
アーカイブ

7/12住民監査請求への回答を受領

8/8三島駅南口西街区に関する「住民訴訟」の提出について

源兵衛川が「世界水遺産」に登録されました。

源兵衛川が「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

共同通信社主催 第1回「地域再生大賞」大賞受賞ページ
共同通信社主催 第1回「地域再生大賞」の大賞を受賞しました。

土木学会100周年記念事業 「市民普請大賞」のグランプリを受賞しました。

グラウンドワーク三島 新聞報道記事一覧へのリンクバナー

2018年8月14日東京新聞「三島駅南口再開発・三島市長『殺してから』発言・市民シンポジウムの開催について」

伊豆日日新聞・静岡新聞「三島駅南口再開発・市民シンポジウムの開催について」の記事を掲載

グラウンドワーク三島のfacebookページ

 

Instagram

グラウンドワーク三島のインスタグラムページを開設しました!

 

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント