台湾から専門家など22人が来訪、活動視察・交流

 8月25日、台湾から、社區(地域)大学(コミュニティーカレッジ)の幹部や学識経験者、ボランティアなどの22人が、グラウンドワーク三島の水辺環境再生活動などの取り組みの視察に訪れました。


午前の到着時はあいにくの大雨でしたが、小松幸子理事の活動説明の後、三島梅花藻の里を出発。源兵衛川沿いを歩きながら、水辺再生の現場を視察いただきました。小松理事の説明に熱心に耳を傾けながら、裸足で川の中に入り、さかんにシャッターを押していました。


その後、三島市民活動センターで、渡辺豊博事務局長から、グラウンドワーク三島のこれまでの取組みや、源兵衛川の水辺再生活動における住民参加の手法などについて説明しました。

 

 


視察者からは、市民・企業・行政との調整方法など、具体的な質問が矢継ぎ早に出るなど、密度の濃い意見交換となりました。


午後には、グラウンドワーク三島の参加団体との交流会を開催しました。三島ゆうすい会の塚田冷子さん、源兵衛川を愛する会の越沼正さん、グローバル文化交流協会やグラウンドワーク三島編集室の皆さんが参加して、お互いの団体紹介や質疑応答を行うとともに、「バイリンガル環境かるた」を楽しみながら交流を深めました。


また、源兵衛川の上流部や、宮さんの川・ほたるの里、三島街中カフェなどの実践地をご案内しました。三島街中カフェでは、源兵衛川希少種水族館に展示中の希少種ホトケドジョウの生態や、野菜市の運営についての質問をいただきました。

 

 


今回の来訪者は、台湾で実際に活動にまちづくりや河川愛護活動の実践者が多く、密度の濃い交流ができました。ご対応いただいた皆様、ありがとうございました。

台湾から専門家など22人が来訪
台湾から専門家など22人が来訪
2011/8/26 0:00 ( 環境教育・視察研修 )
カテゴリ内ページ移動 ( 190  件):     1 ..  163  164  165  166  167  168  169  .. 190    
コメント一覧
アーカイブ

源兵衛川が「世界水遺産」に登録されました。

源兵衛川が「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

共同通信社主催 第1回「地域再生大賞」大賞受賞ページ
共同通信社主催 第1回「地域再生大賞」の大賞を受賞しました。

土木学会100周年記念事業 「市民普請大賞」のグランプリを受賞しました。

グラウンドワーク三島 新聞報道記事一覧へのリンクバナー

2020年8月4日「ネパールへ贈るマスク寄贈」の記事を掲載

グラウンドワーク三島のfacebookページ

 

Instagram

グラウンドワーク三島のインスタグラムページを開設しました!

 

A story of Genbegawa

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント