鎮守の森グリーン・プレイ・レンジャー養成講座

今回の鎮守の森グリーン・プレイ・レンジャー養成講座では

『水辺の生きものの観察会』を開催しました。

 

 

 

参加者は、地元長伏小学校の親子を中心に、

三島市内外から集まってくれました。

 

純白の富士山とコバルトブルーに輝くカワセミの歓迎を受けたご一行様。

 

春の気配が、そこここに。

あ、つくしを発見!

 

モツゴやヌマエビ、ハゼ類の子どもや、外来生物のカダヤシ等水辺の生物をはじめ、

冬眠開けの土だらけのクサガメやカマキリのたまごを観察し、

ナナホシテントウとアブラムシ、カラスノエンドウの関係などを

専門家の先生に詳しく教えてもらいました。

 

お手伝い隊員のTさんの感想を紹介します。

 

今日は天候に恵まれ、楽しく観察会を行うことができました。


参加した子どもたちは生き物についてとても詳しく、

感心してしまいました。

 


カメラで皆さんの姿を撮影したり、水生生物を網で採っているうちに

あっという間に時間が過ぎていきました。

 

クサガメやナナホシテントウを観察したり、

子どもたちが採ったヌマエビやハゼの仲間などを観察したりと、

良い経験となりました。


皆さん、本日はありがとうございました。

2011/3/13 0:00 ( 活動レポート )
カテゴリ内ページ移動 ( 398  件):     1 ..  348  349  350  351  352  353  354  .. 398    
コメント一覧
アーカイブ

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント