6/15~16青山学院大学ボランティアサークル三島実習を開催
 青山学院大学ボランティア部(青山学院大学公認SHANTI SHANTI国際ボランティア愛好会)の学生さん32名が、6月15日から16日の1泊2日で、グラウンドワーク三島に来てくれました。15日は大雨で現場視察と私の講義でしたが、16日は、天候に恵まれ強風の中、松毛川河畔林の下草狩りと箱根西麓の畑での馬鈴薯の収穫作業(メークイン・180kg)に汗を流してくれました。
 本当に彼らは問題意識が明確で、チームワークよく、辛い作業を全員一丸となって懸命にこなしてくれました。このボランティア部のメンバーは、海外での支援活動を中心に全国各地での市民活動に参加しているとのことで、段取りも良く、効率的に、文句も無く作業に従事してくれました。
 参加者の感想は「何のために今の作業をしているのかを教えていただき仕事の目的が明確化した。1人1人の力なんて弱いので実績なんか残せないと馬鹿にしていたが皆で頑張れば何でもできると実感した。難題を成功させるためにはやはりマネジメントの専門性やノウハウが必要とされることが理解できた。」との発言がありました。
 秋にも、本会の現場活動に参加したいと多数の学生からの希望があり、罐やノコギリを持っての実践活動を指導した「老体」にとって、疲れましたが、若者に現場での実践的な活動の大切さを伝えられて満足感で一杯になりました。若者との楽しい付き合いができる立場に感謝です。 
 
 
 
2019/6/17 19:52 ( 環境教育・視察研修 )
カテゴリ内ページ移動 ( 187  件):   前  1  2  3  4  5  6  7  .. 187    
コメント一覧
アーカイブ

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント