5/3平田ハウスでのトマト栽培について

 令和元年5月3日午後から、三島市平田に借りているハウスで、トマト植え付けの準備作業を行って来ました。他の畑の育苗を含めて、苗場にもなっており、潅水や間引き的な作業、機器の稼動調整補助などを行い、足腰が疲れ、痛くなりました。
 施設農業は高度で複雑な機器の維持管理が、難しく大変でお金もかかります。補修には専門的な知識も必要となり、緊急時での対応もままなりません。溶液の流量計が作動せずず、センサーも感知せず、いろいろと問い合わせしたり、同型の使用者にも電話しましたが稼動しません。今しばらく、試行錯誤の手探りが続きます。
 農業はまるでパラダイスのような夢あふれた仕事のように報道されていますが、なかなか儲かるまでには届かず、施設の維持管理など、次々と経費的な負担が襲いかかって思うようには行きません。
 まあ、その場の問題を一つづつ解決していくしかありません。多様な農業者や専門家の経験知を結集して問題を乗り越えていきます。悩みは尽きません。

 

 

 

2019/5/5 19:18 ( 環境コミュニティビジネス )
カテゴリ内ページ移動 ( 118  件):     1 ..  7  8  9  10  11  12  13  .. 118    
コメント一覧
アーカイブ

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント