昭和9年作成「三島町市内全圖」について

この「水系図」は昭和9年に三島町により作成された「三島町市内全圖」(故青木隆俊氏提供)です。

 

この図を見ると、当時の町の基軸・中心は、湧水河川に構成された「水の都・湧水網都市」だと思いませんか。

各河川名は、桜川・御殿川・四ノ宮川・源兵衛川・蓮沼川・新堀川・玉川などとありますが、市内のどこを流れている川かおわかりですか。

三島の町は、まさに川を中心に成立している町だと思いませんか。

 

この図は昭和9年作成で、84年経過していますが、今の三島の町の骨格・街並み・配置はほとんど変わっていません。

この古き街並み、路地、雰囲気、情緒が、世界に誇れる三島の価値です。

 

今後、必要とされているのは、この三島に新たな素敵な価値を付加して、他の町との「差別化」を図ることが、三島が発展していくための「処方箋」だと考えています。

この町づくりの「羅針盤」を信条として、源兵衛川などの川を散策する「回遊性」の高い平面的なまちづくりを25年以上も継続して、今の「成功モデル」を実現化してきました。

 

駅前に高層マンションを建設すれば、三島の町の将来像は、バラ色になり繁栄すると、昨日、市長は豪語していました。

私はイギリスなど世界的な視点・実績から鑑みて、市長の見解は間違いだと考えています。

具体的に、成功の要因、背景に、長期的な観点から評価して確実性がありません。

 

グラウンドワーク三島のまちづくりは、現場での成果と実績を根拠として、発言・理論の正当性を蓄積してきています。

 

市民の皆様も、三島っ子の先代たちが守って来てくれた、三島町の古さと無変化の魅力と価値、先輩たちの戦略性と愛郷心を正しく認識し、「変えないことの優位性」を学ぶべきです。

今こそ、市民の品格と学習能力が問われています。

 

2018/10/11 15:58 ( 活動レポート )
カテゴリ内ページ移動 ( 358  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 358    
コメント一覧
アーカイブ

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント