6/6,10 三島駅南口東街区の整備を考える市民検討会を開催します

三島市が91 億円を負担⇒市民一人あたり84,000

 三島市は、三島駅南口東街区に高さ99.5mの高層マンションや商業・公共施設を含む再開発計画を4月6日に発表しました。事業を進めるのはミサワホームを代表とする共同企業体で、現在事業者と地権者との「協定締結」が進進められています。市の負担は91 億円。赤ちゃんから104才のお年寄りまでが一人あたり84,000円負担することになります。また、市長は国と県からの60億円の補助金を見込んでいますが、これも市が負担させざるをえない場合もあると発言しています。

 源兵衛川の事業費は15億円で市の支出は4億円程度。市民事業による個性的なまちづくりで賑わいが生まれ、近隣の街や全国からたくさんのお客様を迎えています。この再開発事業は三島の未来にとって大切な選択です。ぜひご参加ください。

 

三島の魅力を活かした計画に

 三島市の賑わいの拠点になっている「源兵衛川」はその素晴らしさが評価され「世界水遺産」に登録されました。市民による「水の街・三島」が世界で評価されたのです。この、再開発計画はそれを活かしたものでしょうか。川勝知事は、この計画への懸念を表明しています。ひとつは、世界遺産・富士山の景観と高層マンションの違和感。そして、市民が再開発計画案について意見を言ったり、選択したりする機会がなかったことです。もういちどスタート地点に戻る必要があります。

NPO 法人グラウンドワーク三島専務理事 渡辺豊博

 

 

日 時 ①6月6日(水)19時から20時45分まで

     三島市立社会福祉会館 4階大会議室(三島市南本町20-30)

    ②6月10日(日)14時30分から17時まで

     三島市民文化会館 4階大会議室(三島市一番町20-5)

申込み 申し込み不要・自由参加

 

募集チラシはこちら(PDFファイルが開きます。)

2018/5/31 17:07 ( 募集 )
カテゴリ内ページ移動 ( 154  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 154    
コメント一覧
アーカイブ

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント