2/6-7 日大三島中学校の生徒さんが職場体験に来ました

2月6日~7日の2日間、グラウンドワーク三島では日大三島中学校1~2年生の生徒3名を受け入れ、当会の平素の活動を体験して頂きました。

 


【1日目】
 当会の越沼理事、山口東司さん(グラウンドワーク三島インストラクター)の案内で、まずは源兵衛川でちゃんかけ拾いです。

 カワセミを実際に見ることができ、自然環境の戻った川の姿を楽しみながらの清掃作業でした。

 午後からは「境川・清住緑地」で田んぼへと生まれ変わる予定の沼地で土起こし。泥に足を取られ苦労しました。

  

 その後一休みして、「三島梅花藻の里」へ。再び山口さんと合流し、三島梅花藻の手入れ作業、落ち葉の掃き掃除など、グラウンドワーク三島が毎週木曜日に行っている作業を体験。併せて三島の水質バロメーターでもある梅花藻を守り、環境を大切にする意味についてもお話いただきました。

 

 

【2日目】
 やはりグラウンドワーク三島が環境保全活動を行っている松毛川を散策後、当会の農業拠点の一つである中田地区のビニールハウスでトマトの収穫や苗づくりを手伝って頂きました。

 昼食後は箱根西麓の畑(元山中)に移動し、芋掘り体験です!

 大事に育てられた食物が人の口に入るまでの大変さを肌で実感してもらいます。

 最後は収穫した野菜をお土産に持って帰ってもらいました。家族の皆様にも食べてもらえましたでしょうか?

 グラウンドワーク三島では、これからも若い人たちの体験学習を大いに応援していきます!

2018/2/8 14:38 ( 活動レポート )
カテゴリ内ページ移動 ( 326  件):     1 ..  16  17  18  19  20  21  22  .. 326    
コメント一覧
アーカイブ

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント