三島駅南口西街区の土地売却に関わる市民勉強会の開催

 昨年夏、三島市の外郭団体である三島市土地開発公社が、三島市民の貴重な「市有地」である三島駅南口西街区の土地3,141㎡を、ホテル建設用地として、東京急行電鉄㈱に売却しました。

 

 しかし、その事務処理の経過や内容には、相場をはるかに下回る「安価な価格での売却」や、三島市観光協会・駐輪場・公衆トイレなどを市民税により撤去移転した「特定企業への便宜供与」など、多くの疑問点を内在しており、地方自治法第237条2項の「普通財産を適切な価格なくしてこれを譲渡してはならない」に違反し、安価な譲渡は違法ないし不当と考えられます。

 

 今回、本会が独自に不動産鑑定を行った売却価格(1㎡単価244,000円)と比較すると、公社の売却価格(1㎡単価127,885円)が半分近い安価な価格であることが分かりました。

 そこで、便宜供与の問題を含めて、様々な疑問点を整理したので、その詳細を説明し、市民の皆様のご意見を伺い、今後の対応について話し合う「市民勉強会」を添付の通り2回にわたり開催します。

 

 三島市による情報提供があまりにも閉鎖的な中で、伊豆・富士山への玄関口・三島駅南口西街区で起こった、隠された問題点を明らかにしていきましょう。

 詳細はコチラ(PDFチラシ)

 東京新聞の記事はコチラ

2018/1/23 9:32 ( 募集 / 活動レポート / 環境教育・視察研修 )
カテゴリ内ページ移動 ( 182  件):     1 ..  11  12  13  14  15  16  17  .. 182    
コメント一覧
アーカイブ

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント