バイオトイレ

【画像】バイオトイレ:詳細へのリンク

バイオトイレ(バイアニクストイレ®)は杉の間伐材の性質を利用して、し尿を炭酸ガスと水に完全分解させるエミッションレスのトイレです。汚泥の汲み取りの必要はなく、分解によって得た水は無害・無臭、水洗水として再利用し続ける循環自立式のため、下水管、下水処理施設のない場所への設置が可能です。

NPO法人 グラウンドワーク三島は、富士山へのバイオトイレ設置など、静岡県三島市や富士山地域においてボランティアと共に身近な環境改善に取り組む他にも、世界各地の環境悪化が進む地域にバイオトイレを導入するグローバルな活動も行っています。

詳しくは別にバイオトイレのページを設けてありますので、そちらをご覧ください。

2010/9/15 14:29 ( 実践事業例 )
カテゴリ内ページ移動 ( 3  件):     1  2  3  次
コメント一覧
アーカイブ

源兵衛川が「世界水遺産」に登録されました。

源兵衛川が「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

「2020年アジア都市景観賞」を受賞しました。

 

グラウンドワーク三島 新聞報道記事一覧へのリンクバナー

2022年6月28日「三島駅南口東街区再開発・最新の資料を公開」「元県補佐官の行動・不適切」の記事を掲載

 

グラウンドワーク三島のfacebookページ

 

Instagram

グラウンドワーク三島のインスタグラムページを開設しました!

 

 

イギリス&日本・自然環境回復の処方箋~グラウンドワーク~

 

A story of Genbegawa

 

2021年8月26日「三島梅花藻の里」の定例整備作業

 

2021年9月16日「桜川川端」の整備作業

 

2021年8月28日「鎧坂ミニ公園」の整備作業

 

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント