【参加者募集】1/29(木)都留文科大学・富士山学・公開講座 [地図表示]

 

都留文科大学・富士山学・公開講座
「富士山が世界文化遺産にふさわしい山になるためには?」
― 「富士山の光と影」 実践者からの報告 ―

 

富士山は平成25年6月に世界文化遺産に登録され「世界の宝物」になりました。しかし、オーバーユースによるゴミの放置やし尿問題、環境被害の悪化など、現場では問題が拡大しています。
今回、富士山の現場を熟知している実践者を招き、環境・生き物・ゴミなど多様な観点から現状報告をしてもらい、あわせ、世界文化遺産としてふさわしい富士山の管理体制のあり方や環境保全対策などを議論・提言します。関心のある方は是非ご参加ください。お待ちしております。

 

日 時 平成27年1月29日(木) 18:10~20:30


場 所 都留文科大学 2号館 101号室 (山梨県都留市田原3-8-1)

 

プログラム

1.「富士山の光と影」実践者からの報告

(1)「環境・生きものたち」などの報告  中川 雄三 氏(動物写真家)

富士山の多様な魅力と問題について、自然環境や生き物たちの側面から臨場感ある写真・動画を通して報告します。現場を熟知している動物写真家の迫力ある映像を楽しんでください。

 

(2)「ゴミ・産業廃棄物・エコツアー」などの報告  舟津 宏昭 氏(富士山アウトドアミュージアム主宰)

富士山の環境被害の現状について、青木ヶ原などの裾野に放置されている大量の産業廃棄物の実態や富士山の不思議と楽しさをエコツアーとして提供している教育的効果などについて報告します。

 

2.パネルディスカッション「富士山が世界文化遺産にふさわしい山になるためには?」
渡辺 豊博(都留文科大学文学部社会学科教授・富士山学開講)
世界文化遺産に登録された富士山。イコモスからの宿題を確実に解決できるのでしょうか。富士山学を開講している渡辺教授をコーディネーターに迎え、中川雄三氏と舟津宏昭氏により、世界基準に見合う管理体制のあり方や環境保全対策について議論・提言します。参加者との質疑応答も行い、双方向型のパネルディスカッションとします。    

 

申込み 不要、自由参加(直接会場にお越しください)

 

問合せ 都留文科大学文学部社会学科・富士山学開講・渡辺豊博教授(携帯:090-2619-4752)

 

 

詳細はこちら(PDFファイル)

 

 

地図  [KML] [地図表示]
住所都留文科大学
2015/1/20 14:49 ( 環境教育・視察研修 / 環境教育・視察研修 )
カテゴリ内ページ移動 ( 49  件):     1 ..  26  27  28  29  30  31  32  .. 49    
コメント一覧
アーカイブ

源兵衛川が「世界水遺産」に登録されました。

源兵衛川が「世界かんがい施設遺産」に登録されました。

共同通信社主催 第1回「地域再生大賞」大賞受賞ページ
共同通信社主催 第1回「地域再生大賞」の大賞を受賞しました。

土木学会100周年記念事業 「市民普請大賞」のグランプリを受賞しました。

グラウンドワーク三島 新聞報道記事一覧へのリンクバナー

2020年1月20日「松毛川の森を守る募金活動」の記事を掲載

グラウンドワーク三島のfacebookページ

 

Instagram

グラウンドワーク三島のインスタグラムページを開設しました!

 

A story of Genbegawa

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント