9/28(土)腰切不動尊例祭を開催します [地図表示]

三島市南本町にあるお不動さんと井戸は『腰切不動尊』と『腰切井戸』といいます。

『腰切不動尊』は、寛永10年(1633)に御殿川の川底で見つかった石の仏像で、腰から上しか彫られていないので、腰切の名前で呼ばれるようになりました。
この不動尊は、腰から下の病や安産にご利益があるとされています。
 
平成11年にグラウンドワーク三島が中心になり、忘れかけられていた『腰切不動尊』を地域の宝物として再生整備を行い、5月の大祭、9月、1月の例祭を復活させ守っています。
 
毎年、5月の大祭では、田町シャギリの皆さん、日本大学国際協力部の学生の皆さん、地域の皆さんが集い、盛大な大祭が行われております。
 
今回は例祭ですので、シャギリ等はありませんが、参列者で心を込めて御堂の清掃をし、読経、礼拝を致します。
 
     
昨年の例祭の様子
 
本年も、9月例祭を下記の通り開催いたします。
みなさま、ぜひご参列下さいませ。
 
 
■ 日 時  平成25年9月28日(土)
     15:00〜15:30  御堂の清掃
     15:30〜15:45  読経、礼拝
 
 
 
■ 場 所  腰切不動尊(三島市南本町)

 

 

 

 

 

地図  [KML] [地図表示]
2013/9/26 11:00 ( グラウンドワーク三島ブログ / 地域の宝再生 )
カテゴリ内ページ移動 ( 7  件):     1  2  3  4  5  6  7    
コメント一覧
アーカイブ

訪問者数(1997年7月31日~)

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
サイト内検索

検索は2文字以上で
コメント